レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  カテゴリー別 >> レーザー測定器

製品検索

レーザー測定器



| レーザーパワーメーター | レーザービームプロファイラー | その他のレーザー用測定器 | 超高速度カメラ | デジタルマイクロスコープ |

レーザー加工を行う際にはレーザー発振器の出力やビーム形状などを常に管理します。レーザー発振器は性能も安定性も向上しましたが、高精度なレーザー加工を行う際にはレーザー発振器の状態を管理しておかなければ安定してレーザー加工を行うことが難しいとされています。製品の加工品質を安定させるばかりでなく、ガスやランプの劣化を確認できたり、光学系の汚れや劣化などを発見できたりと、レーザー発振器そのもの測定以外にも非常に役立ちます。

項目
概略説明

レーザーパワーメーター
パワーメーターとはその名の通りレーザーの出力を測定するための機器です。レーザー光を直接当てるためのヘッド部とその出力を表示するためのディスプレー部とに別れています。ヘッド部は大きく分けると3種類のタイプがありディスプレー部も大きく分けて3種類のタイプがあります。レーザー出力を測定するにはこれらを目的によって組み合わせて使用します。

レーザービームプロファイラー
レーザー光は完全フラットなビームプロファイルを持っているものは無くそれぞれにビームプロファイルを持っています。ビームプロファイルを知らなくてはビームを上手く加工に利用することは出来ません。ビームプロファイルの測定にもいくつかのタイプがありますが最近ではやはりCCD取り込みタイプが多くなっています。
とはいえビームサイズも様々なのでそれに応じたビームプロファイラーが必要です。

その他のレーザー用測定器
上記の2種類が日常の測定で使用する最もポピュラーな測定器ですがレーザー発振器には測定する項目がまだまだあります。例えばM2の測定やパルス幅、波長などもその一つです。 ここでは上記以外の項目の測定器を取り扱っているメーカーや販売店を紹介しておりますので必要に応じてお問い合わせ下さい。
また、測定器とは呼べないビームビューアーなどもこの項目中に含めています。

超高速カメラ
ここでは100,000fps以上の撮影が可能なカメラを超高速カメラとして紹介しています。
レーザー加工を撮影し加工や溶接にかかる時間を測定したり、映像の様子から現象を探る目的に使用されます。年々、高速なカメラが製品化され各社から販売されています。レーザーを直接測定するわけではないので測定器とは呼べませんが使用目的として一番近いカテゴリーのレーザー測定器に含めています。

デジタルマイクロスコープ
デジタルマイクロスコープとは、CCDカメラに高倍率レンズを取り付けた手軽に撮影できるデジタル機器です。ここでは100倍以上の倍率を持ったデジタルマイクロスコープを紹介しています。
現在はズームレンズを用いるタイプが主流となっており、倍率の自由度が大きくなっています。計測機能を利用すれば長さや直径などデジタルの強みを生かした機能を利用できます。


▲ ページTOPへ


製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.