レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >> 新製品一覧

New Products − 新製品 −

メーカー/製品名/販売
概略
Edmund Optics
355nm用2-8Xズームビームエキスパンダー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC ズームビームエキスパンダーのラインナップに新たな製品が加わったことを発表した。汎用性の高い本ビームエキスパンダーは、拡大力を連続的に可変するため、試作や研究開発を含む、拡大力の変更が必要になることのあるハイパワーレーザーアプリケーションに最適である。本UV ビームエキスパンダーは回折限界性能を有し、λ /4 の透過波面精度を保証する。高レーザー耐力のAR コーティングの採用により、透過率を最大化しながらゴースト像の発生を最小限に抑える。

Spectra Physics
(Newport Corporation.)
産業用フェムト秒レーザー
Spirit HE

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、高出力 産業用 フェムト秒レーザー『Spirit HE』を発表いたしま した。
平均出力16W で、パルスエネルギーは現行モデルの3 倍となる120μJ を出力します。パルスエネルギー、周波数、パルス幅を制御することが可能で、さまざまな材料に対して熱影響の極めて少ない高精細加工を可能にします。クリーンエネルギー、医療デバイス、自動車等、幅広い分野でのアプリケーションに対応します。高機能、高信頼性レーザーは、24 時間生産の産業用分野に最適で、120μJ という高いパルスエネルギーにより、ポリマー材へのドリリング加工では高いアスペクト比を実現し、カッティングでは、5 倍の加工速度を実現します。周波数はシングルショットから1MHz まで、またパルスエネルギーも内蔵AOMにより0 から100%調整可能です。オプションにて、パルス幅も<400fs から10ps までソフトウェア制御により数秒レベルで可変出来、SHG モジュールの取り付けも可能で、520nm 及び1040nm を切り替えで出力出来ます。SHG では60μJ 以上の高エネルギー出力となります。

●主な仕様
Spirit HE 1040-16 / Spirit HE 1040-16-SHG
・ 波長:1040 ± 5 nm / 520 ± 5 nm
・ 出力:>16 W @ 200 kHz / >8 W @ 200 kHz
・ 最大パルスエネルギー:>120 μJ @ 100 kHz / >60 μJ @ 100 kHz
・ 繰り返し:100 kHz, 200 kHz or 1 MHz
・ 空間モード:TEM , M2 <1.2

●アプリケーション
・高精細フェムト秒加工
・医療デバイス製造
・サファイア切断および溝加工
・時間分解分光
・OPA ポンピング
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力UV レーザー
Talon 355-30

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、Talon LD 励起Q スイッチ固体レーザーに新しく高出力モデルのTalon355-30 及びTalon 532-40 の新しいラインアップを発表いたしました。
Talon 355-30 は100kHz にてUV 30W を、Talon 532-40 は100kHz にてグリーン 40W を安定して出力し、これらのモデルはシングルショットから500kHz の高繰り返しの領域まで優れたビーム品質とパルス安定性を提供します。また“it’s in the Box”デザインに依り一体化されたレーザーヘッドと電源は、容易に装置搭載が可能で、個々の用途や要求に応じて簡単に載せ替えが可能です。Talon & Talon HE ファミリーは幅広い環境動作試験に合格し、24/7 の産業製造用途にて高い信頼性と低動作コストを提供します。

●主な仕様
Talon 355-30 / Talon 532-40
・ 波長:355 nm / 532 nm
・ 出力:>30 W @ 100 kHz / >40 W @ 100 kHz
・ パルス幅:<25 nsec @ 100 kHz
・ 繰り返し:0 to 500kHz

●アプリケーション
・ PCB ディパネリング、切断、穴あけ
・ 太陽電池加工
・ レジスタートリミング
・ シリコンスクライビング
・ セラミックスクライビング
・ 薄膜加工
・ ガラス切断
・ メタルカット
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
Explorer One用ダイナミック・パルスエネルギー・コントロール
E-Track

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、世界最小電源一体型LD 励起Q スイッチ固体レーザー 「Explorer One」用のダイナミック・パルスエネルギー・コントロールを発表いたしました。
E-Track (Explorer One 用ダイナミック・パルスエネルギー・コントロール)はすべてのExplorer One シリーズにて動作可能なアクティブエネルギー/出力制御機能です。 急激に変化する環境や運転パラメーターの変更時において、エネルギーレベルを継続的に安定させ急速なパルスエネルギー制御、ゲート制御を必要とする様々なスクライビング、穴あけなどの微細材料加工における“on-the-fly” 制御を可能にしました。高速エネルギー安定化機能に加え、E-Track 機能によるリアルタイムでのエネルギーモニター、パルスエネルギー制御は更なる加工プロセス品質向上に大きく寄与します。E-Track 機能は現在7 種類あるExplorer One すべてのモデルに対応、高速繰り返し周波数運転時、コマンドコントロール時、アナログシグナルコントロール時などあらゆる運転モード時に対応しています。

●アプリケーション
・ 光造形
・ MALDI-TOF 質量分析
・ 顕微細胞分離(Laser Microdissection)
・ FPD リペア
・ UV タイトリング
・ イントラガラス、及びガラス表面マーキング、UV マーキング
・ 微細加工
・ ウエハー検査/マーキング
・ 金属マーキング
・ ITO, TCO パターニング
・ 薄膜スクライビング
・ レジスタートリミング
・ PCB 加工
・ LIDAR など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
ノンコリニアオプティカルパラメトリックアンプ
Spirit-NOPA-IR

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、高繰返し自動波長可変ノンコリニアオプティカルパラメトリックア ンプSpirit-NOPA-IR を新たにラインアップしました。
3 光子イメージング用途にも適した高ピークパワー、赤外領域での広い波長可変領域を実現しています。 産業用フェムト秒レーザーSpirit を励起光源に使用することにより1200nm〜1600nm の可変波領域で10MW 以上の高いピークパワーと<80fs のパルス幅を提供します。Spirit-NOPA-IR を使用することにより生きた細胞組織の中で1mm 以上の深さで明瞭なイメージングを行う事が可能です。

●主な仕様
Spirit-NOPA-IR
・ 波長:1200-1600 nm
・ パルス幅:<80 fs at1200-1600 nm
・ 最大パルスエネルギー:0.6 μJ at 1300 nm

●アプリケーション
・フェムト秒時間分解分光
・単一分子研究
・非線形光学
・表面光動力学
・2 次元分光
・材料物性特性分析 など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力フェムト秒アンプシステム
Spitfire ACE

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は昨年傘下となった旧Femtolasers 社からの技術を統合し新たな超短パルス再生増幅システム「Spitfire ACE (new Element Seed) 」、超安定同期オプション「FemtoLock 2」、および数サイクルパルス発生オプション「Kaleidoscope」 を発表いたしました。
最新の超短パルス発振器ElementTM をシード光に用いたSpitfire AceTM は、最大15mJ 以上の高出力パルス出力し、業界をリードする低ジッター(100fs 以下)にりより、シンクロトロン、自由電子レーザーやその他超高速レーザーなどの外部ソースと同期させることができます。また、Spitfire AceTM またはSolstice AceTM は中空ファイバーコンプレッサー KaleidescopeTMとの組み合わせにより、数サイクルパルス(7fs 以下 FWHM)で最大0.6mJ 以上の出力パルスを発生します。これらの新しいシステムは高次高調波発生、THz 発生、多次元分光法などの高度な超高速科学の用途に最適です。

●アプリケーション
・高次高調波発生
・THz 発生
・多次元分光法
・シンクロトロンなどの外部ソースとの同期実験
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力 コンパクトフェムト秒オシレータ―
femtoTrain 1040-5

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、新しく高出力コンパクトフェムト秒オシレータ―femtoTrain 1040-5 を新たにラインアップに加えました。
バイオイメージングなどのアプリケーションに最適なfemtoTrain シリーズがさらに高出力、短パルス化を実現しました。新しいfemtoTrain 1040-5 は220fs 以下のパルス幅、5W の平均出力により2MW 以上のピーク出力を提供します。また、500nJ 以上のパルスエネルギーと10MHz の繰返し周波数は高速スキャンや高い処理速度を可能にします。 コンパクトでかつ信頼性の高い、ハンズフリーのフェムト秒レーザー femtoTrain シリーズは、バイオイメージングや光遺伝子学における光活性の光源に最適です。femtoTrain シリーズの持つトランスフォーム限界パルスのバンド幅は多光子イメージングにおいて、分散前補償を必要としません。 また、低ノイズとすぐれた長期安定性のために最適化されており、センシティブなバイオイメージング及び顕微鏡手術などのアプリケーションに理想的なレーザーです。

●主な仕様
femtoTrain 1040-3/femtoTrain 1040-5
・ 波長:1040 nm ±8 nm
・ 出力:>3.5 W / >5.0 W
・ 繰り返し:10 MHz
・ 空間モード:TEM00 , M2 <1.1

●アプリケーション
・ 光遺伝子学(Photo-Stimulation)
・多光子イメージング(YFP,RFP,SHG) 回転ディスク2 光子顕微鏡など
・生体組織分離
・顕微外科手術応用
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
ハイブリッド・グリーンファイバーレーザー
Quasar 532-95

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、95W 以上(475μJ)を出力する画期的なハイブリッド・グリーンファイバーレーザー「Quasar 532-95」を発表いたしました。
Quasar 532-95 は高品質なシングルモードビームを持つ波長532nm のグリーンレーザーで、パルス波形デザイン機能TimeShift によりユーザーの微細加工の領域を大きく広げます。Quasar 532-95 は電子部品、パッケージ、セラミック、プリント基板、半導体、太陽電池やリチウムイオンバッテリーの各製造工程において高い生産性と加工品質を可能にします。Quasar 532-95 に備えられたTimeShift 機能は2 ナノ秒から100 ナノ秒の変更可能なパルス幅とシングルショットから3.5MHz の幅広いパルス周波数領域でのパルス出射が可能で、さらにバーストモードや様々な波形のプログラムができます。Quasar 532-95 はスペクトラ・フィジックスの先端的ファイバーレーザー技術、出力増幅技術および独自の波長変換技術を結集し設計され、類を見ないパフォーマンスを達成しています。

●主な仕様
Quasar 532-95
・ 波長:532 nm
・ 出力:>95W @ 200 kHz, 10 ns
・ 最大パルスエネルギー: >475 μJ
・ 繰り返し:0-3.5 MHz
・ 空間モード:TEM00 , M2 <1.3

●アプリケーション
・ ガラス切断、穴あけ
・ PCB 穴あけ、切断、ディパネリング
・ HDI (High Density Interconnects)
・ Si 微細加工、Si ウエハーダイシング
・ Low K 誘電体 グルービング
・ セラミックおよびLED 加工
・ ITOパターニング
・ 太陽電池の各種加工
・ CFRP 穴開け、切断、表面加工
・ リチウムイオンバッテリーの各製造工程
・ MDMポリマーの微細加工 など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
電源一体型産業用フェムト秒レーザー
Spirit One 1040-8

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、コストパフォーマンスを追求した電源一体型 産業用 高繰り返し フェムト秒レーザー『Spirit One 1040-8』を発表いたしました。
新しい産業用高繰り返しフェムト秒レーザーは、 400fs 以下の超短パルス、高いパルスエネルギーと平均出力、最大1MHz までの繰返し周波数可変、堅牢な電源一体型のコンパクトモデルで、顕微外科手術応用、フェムト秒マイクロマシニング、医療用デバイス製造、光遺伝学応用、多光子顕微鏡などの高精度なアプリケーションへの進化を可能にします。スペクトラ・フィジックスが提唱するレーザーヘッドと電源を一体化したコンパクトなプラットフォーム、“It’s in the Box™”コンセプトデザインを採用し、平均出力8W 以上、パルスエネルギー40 μJ 以上を100nm、また4W 以上、20μJ 以上を520nm にて出力するのに加え、パルス幅をソフトウエアコントロールにより400fs から4ps まで数秒のうちに変更することも可能とし、各種アプリケーションに柔軟に対応する新たな機能を兼ね備えています。 また、出力パルスの高速選択、パワーコントロールを可能にするパルスピッカーを内蔵、効率的な各種プロセスに対応しています。

●主な仕様
Spirit One ps 1040-10
・ 波長:1040 ± 5 nm
・ 出力:>8 W
・ 最大パルスエネルギー: >40 μJ at 200 kHz
・ 繰り返し:200 kHz or 1 MHz
・ パルス幅:<400 fs
・ 空間モード:TEM00 , M2 <1.2

●アプリケーション
・ 顕微外科手術応用
・ 光遺伝学応用
・ 医療用デバイス製造
・ フェムト秒マイクロマシニング
・ 多光子顕微鏡
Coherent, Inc.
高出力、産業用ピコ秒レーザ
HyperRapid NX

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、次世代産業用ピコ秒レーザの新モデルHyperRapid NXを発表した。
新モデルでは最新プラットフォームを用いることで、高い性能と信頼性を両立し、より広範囲の精密微細加工ニーズにおいて経済性を向上させる。 HyperRapid NXのIR(1064 nm)モデルは、エネルギー250 μJ (パルス幅典型値10 ps)で、最大2 MHzの繰返周波数に対応している。 例えば、装置内でビームを分岐してマルチパス加工を構成する用途などにおいても十分な出力を備え、高スループット加工を可能としている。 新製品として、532 nmと355 nmでの高出力発振モデルも同時リリースする。本モデルは、レーザヘッド内にエレクトロ二クスを内蔵し、システムのさらなる小型化と高い信頼性を実現している。 また最新の外部コントロール機能とトリガーモードでは、パルスごとの時間やエネルギーを制御し、高効率のアブレーションを可能にするバーストモードなど非常に高度な制御機能を提供する。 そして、波長や出力に関係なく、レーザヘッドやインターフェース、ビーム特性、電源やチラーが共通であることから、装置搭載の互換性を満たすことができる。

主な仕様
・波長:355 nm、532 nm、1064 nm
・パルスエネルギー:〜≧250 μJ
アプリケーション
・精密微細加工
Coherent, Inc.
産業用フェムト秒発振グリーンレーザ
Monaco 517

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、さらに広範囲な材料に、高度な微細加工を実現すべく、産業用フェムト秒発振レーザMonacoシリーズのグリーン発振モデルをリリースした。
新モデルMonaco 517はファイバーベースのレーザで、波長517 nmで出力20Wのパフォーマンスを提供し、ポリマーなどの難加工材料に対しても精密な加工を実現する高いピーク強度を得るため、400 fs以下のパルス幅と20 μJの高パルスエネルギーを提供する。 また、MHzレベルのパルス繰返し周波数により高いスループットも可能にする。 さらに、装置搭載の簡便さを考え、わずか635 mm x 340 mm x167 mmというコンパクトサイズのレーザヘッド設計となっている。 なお、その堅牢な構造は、ライフタイムを通して最適なアライメントを維持するため、OEMユーザにとって最大の導入メリットとなる。

主な仕様
・中心波長:517 nm
・出力:20W
・パルスエネルギー:20 μJ @ 1 MHz
アプリケーション
・精密微細加工
Coherent, Inc.
全固体ナノ秒グリーンレーザ
AVIA NX 532

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、幅広い精密材料加工応用向けに高出力、高信頼性、小型設計を兼ね備えたAVIA NXシリーズのグリーンモデルAVIA NX 532をリリースした。
本新モデルは、最大平均出力65Wを実現する小型設計のQスイッチ全固体グリーンレーザ(波長532 nm)である。 高出力とともに、ビーム質(M2<1.3)が優れているため、切断、穴あけ、マーキングやスクライビングなどの応用でスループットの向上を可能にする。最新の励起手法を採用することで、システム全体の光変換効率の向上を行い、また新世代の電気コンポーネントを用いることで、レーザヘッド内に一体化でき、小型(ヘッドサイズ587 mm)で信頼性の高い製品デザインが可能となった。 高加速寿命試験(HALT)のプロトコルを通じて設計を最適化し、個々の生産ユニットには、加速ストレス性能試験(HASS)を実施することで、AVIA NXの信頼性を実現している。 出荷前の厳しい試験は、製品の寿命を損なうことなく、製品の潜在的な信頼性の問題を特定、排除することを目的としている。

主な仕様
・中心波長:532 nm
・最大平均出力:65W
アプリケーション
・精密微細加工
Coherent, Inc.
レーザラインジェネレータ
StingRay μFocus

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、マシンビジョン応用向けに、より微小な3次元計測を可能にするレーザラインジェネレータの新モデルStingRay μFocus(マイクロフォーカス)をリリースした。
本新モデルは同じワークディスタンスで従来のStingRayスタンダードモデルよりも40%線幅が細く、20 μmサイズまで線幅を絞ることができる。 そのため、高い解像度でより細部の計測が可能となった。 この度、520 nm, 660 nm, 785 nm, 830 nmの波長モデル(最大出力: 200 mW)をラインアップした。StingRay μFocusは従来モデルと同性能、同様の使い易さを維持している。 特に±5%のラインビーム強度の均一性により、計測スピードと寸法精度が向上する。 またビーム強度のばらつきを簡単に補正するダイナミック・ラインバランス機能を装備し、さらにダイオードの寿命を診断するモニターを内蔵することで、予期せぬ不具合によるダウンタイムを防いでいる。

主な仕様
・波長:520 nm, 660 nm, 785 nm, 830 nm
・出力:25 mW〜200 mW
・空間モード:TEM00 (M2<1.5)
アプリケーション
・マシンビジョン応用
Coherent, Inc.
超小型バイオレットレーザ
OBIS 405 LX

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、超小型全固体バイオレットレーザOBIS 405 LXの高出力モデルをリリースした。
短波長モデルの高出力化により、コンフォーカルイメージングの輝度やフローサイトメトリーにおけるスループットの向上が期待できる。新モデルOBIS 405 LXはコントローラを内蔵した超小型パッケージ(70 x 40 x 38 mm)から250 mW以上(波長405 nm)の出力を発振する。 また簡易操作性(プラグ アンド プレイ)とアナログ/デジタル(最大150 MHzまで)の直接変調機能を兼ね備えている。 他のOBISシリーズ同様、OEM装置組込み及びエンドユーザー(CDRH対応、オプション)の両用途への対応が可能である。 加えて、製品の出力仕様は余裕を持って設定されており、最大出力設定値の110%にて動作させることも可能である。

主な仕様
・波長:405 nm
・出力:250 mW
・空間モード:TEM00 (M2≦1.3)
・レーザヘッド寸法:70 x 40 x 38 mm
アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
Coherent, Inc.
イッテルビウムベースの増幅器用OPA
Opera-F

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、Monaco (弊社製高出力フェムト秒イッテルビウムベースの増幅器)を励起光源に使用することで、広帯域チューニング、高変換効率、パルス幅sub 100 fsを実現する新しいウルトラファースト光パラメトリック増幅器Opera-Fをリリースした。
本モデルは、シグナル出力で、650 nmから900 nm、アイドラーの場合は1200 nmから2500 nmの波長域をカバーする。また40WのMonacoで励起した場合、最大3Wの高出力、最大3 μJの高パルスエネルギー、1 MHzの最大繰り返し周波数を実現する。 この特長により、データの取得率もしくはシグナルの平均値の向上を必要とする研究開発用途に最適な製品となっている。チタンサファイアベースの増幅器と比較し、イッテルビウムベースの増幅器は直接ダイオードで励起するシンプルな構造などのメリットを持つが、一方、イッテルビウムベースは一般的にパルス幅が長くなる。 ワンボックスOpera-Fは、ノンコリニアファーストステージを内蔵することで、この問題を解消し50 fsの超短パルスを可能にし、さらにコリネアセカンドステージを内蔵することで、広帯域チューニングを実現している。 なお、出力波長は物理的な調整を必要とせず、ソフトウェアで簡易に可変できる。

アプリケーション
・マルチフォトン顕微鏡
・オプトジェネティクス励起
・フェムト秒時間分解分光
・表面分光
Coherent, Inc.
超高速レーザパワーセンサー
PowerMax-Pro

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2016年2月17日、独自のセンサー技術を採用した超高速パワーセンサーPowerMax-ProシリーズにメータレスモデルPowerMax-Pro USB/RSをラインアップした。 
このモデルの投入により、コストを抑えた高速レーザパワー/エネルギー測定のニーズに応える。 PowerMax-Proシリーズは、独自の画期的な薄膜技術を用いた全く新しいタイプのセンサーで2014年に誕生した。 高速応答とともに、波長範囲およびダイナミックレンジが広く、熱的損傷閾値が高いことを特長としている。 従来のサーモパイルセンサーよりも100万倍以上高速に応答するため、連続発振のレーザパワーや立ち上がり時間の測定、また変調されたレーザの特性や波長300 nmから11 μmにおけるパルスレーザのエネルギー測定に理想的である。
Edmund Optics
直角プリズムミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、新たなTECHSPEC 直角プリズムミラーの発売を開始した。
本ミラーは、反射強化アルミコート、銀コート、金コートの金属コーティングが施されている。本製品は、システムアライメント等の、精密アライメントと高性能が要求される広範囲なアプリケーションに最適である。反射強化アルミコートは、可視波長域において反射率を高めるため、アルミの金属膜を誘電体多層膜で保護している。保護膜付き金コートは、750~1500nm 間で96%の反射率が維持できるため、近赤外や赤外アプリケーションに最適である。金コートはより高い耐性と取扱い性を容易にするため、保護膜に一酸化シリコンを用いている。保護膜付き銀コートは、500~800nm 間で99%以上の優れた反射率が得られ、複数の波長にまたがる広帯域アプリケーションに対して格好の選択肢となる。保護膜付きコーティングは、銀の変色を抑え、低湿環境下での使用に最適である。
Edmund Optics
レーザーライン用平凸シリンダーレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC レーザーライン用平凸シリンダーレンズ ( シリンドリカルレンズ) の発売を開始した。
汎用性の高い本シリンダーレンズは、スリットやラインスキャンセンサー内に集光するアプリケーション等、レーザー光の一方向のみを集光する必要のあるアプリケーション用にデザインされている。TECHSPEC レーザーライン用平凸シリンダーレンズ ( シリンドリカルレンズ) は、市場に広く流通するレーザーの発振波長に適した複数の反射防止コーティングを用意。これらのコーディングは、対象のレーザー発振波長において最大の透過率と0.25% 以下 ( 一面当たり) の反射率を実現する。TECHSPEC レーザーライン用平凸シリンダーレンズ ( シリンドリカルレンズ) は、2 枚1 組で用いることで、ダイオードレーザーの出射ビームの円形化にも使用することができる。

Edmund Optics
深紫外用バンドパスフィルター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、深紫外用バンドパスフィルターの発売を開始した。
汎用性の高い本フィルターは、蛍光顕微鏡やラマン顕微鏡、エキシマレーザーやバイオフィルタリングを始めとするアプリケーションに理想的である。本製品には、MgF2 やUV グレード合成石英を始めとする高品質な基板が採用されている。欧州RoHS 指令に適合した深紫外用バンドパスフィルターは、中心波長がそれぞれ122nm、193nm、248nm、 308nm、直径がそれぞれ12.5mm、25mm、50mm の12 種類をラインナップ。

Edmund Optics
ハイパワー Nd-YAG用レーザーミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC ハイパワー Nd:YAG 用レーザーミラーの発売を開始した。
この高反射ミラーは、ハイパワービーム伝送やレーザービームステアリング等要求の厳しいアプリケーションに対して、高レーザー耐力を有する業界最高水準のオール誘電体膜IBS コーティングを採用している。この高性能IBS ミラーコーティングは、高レーザー耐力と45° 入射時に最大99.9%の反射率を提供する。UV グレード 合成石英基板の両面を研磨加工しており、最も要求の厳しいレーザーアプリケーションにおいて、裏面への透過光をパワーのモニタリング用に利用することも可能である。ミラーのコート面は、厳しいλ /10 の平面度 ( もしくは基板面精度) と10-5 の表面品質 ( キズ- ブツ) を有する。レーザーミラーは、1064nm のYAG 基本波、532nm の第二高調波、及び355nm と266nm のUV 波を含む全12 種類をラインナップ。サイズはインチ長フォーマットで直径が各0.5 インチ (12.7mm)、1.0 インチ (25.4mm)、2.0インチ (50.8mm) のタイプをラインナップする。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高エネルギーグリーンファイバーレーザー
VGEN-G-HE

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、高エネルギーグリーンファイバーレーザーのVGEN-G-HEを新たにラインアップに加えました。
新しい空冷ファイバーレーザーは、従来の2倍のパルスエネルギーとピークパワーを出力します。また優れたビーム品質と調整可能なパルス幅にて、VGEN-Gは-HEは、PCボード、セラミックス、電池、太陽電池、タッチスクリーン・ディスプレイ、および他のデバイスや材料の24時間連続製造に最適です。VGEN-G-HEは、10W及び20Wモデルにて、532nmで 200μJ以上のパルスエネルギーおよび 20KW以上のピークパワーを出力します。またパルス幅は2・20ナノ秒、繰返し周波数は50〜700KHzにて制御ソフトウェアにて調整出来ます。新しいレーザーは、大量生産における微細加工プロセスにおいて、空冷パッケージで柔軟な性能を提供します。

主な仕様
VGEN-G-HE-20
・ 波長:532 nm
・ 出力:20W
・ 繰り返し:50-700 kHz
・ パルス幅:2-20 ns

アプリケーション
・太陽電池製造
・深掘り・穴あけ加工
・金属加工
・トリミング
・微細加工
・薄膜加工
・マーキング
・スクライビング
・ポンピング
・メディカル
・エンターテイメント
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
電源一体型LD励起Qスイッチ固体レーザー
Explorer Oneシリーズに新しいUVレーザーを追加

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、世界最小電源一体型LD励起Qスイッチ固体レーザー『Explorer Oneシリーズ』のラインアップに新たにUVレーザーの3モデルを追加いたしました。
新たな3モデルのラインアップは、Explorer Oneシリーズの大きな特徴である超コンパクトなデザインでありながら、UV出力2W以上、パルスエネルギー100uJ以上を実現し、QスイッチDPSS UVレーザーとしてのパフォーマンスを更に高めます。新モデルはマイクロエレクトロニクスやメディカルデバイスをはじめとした分野において、金属やプラスチック、セラミックス、サファイアなどの材料に対する微細加工の用途に適しています。

主な仕様
Explorer One HE 355-100
・ 波長:355 nm
・ 出力:800mW @10KHz
・ 繰り返し:シングルショット-60kHz
・ パルス幅:<15ns @10kHz
Explorer One 355-1
・ 波長:355 nm
・ 出力:800mW @50KHz
・ 繰り返し:シングルショット-300kHz
・ パルス幅:<10ns @50kHz
Explorer One XP 355-2
・ 波長:355 nm
・ 出力:2W @80KHz
・ 繰り返し:シングルショット-300kHz
・ パルス幅:<10ns @80kHz

アプリケーション
・ 光造形
・ MALDI-TOF 質量分析
・ 顕微細胞分離(Laser Microdissection)
・ FPDリペア
・ UVタイトリング
・ イントラガラス、及びガラス表面マーキング、UVマーキング
・ 微細加工
・ ウエハー検査/マーキング
・ 金属マーキング
・ ITO, TCO パターニング
・ 薄膜スクライビング
・ レジスタートリミング
・ PCB加工
・ LIDAR など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高パルスエネルギーのUVレーザー
Talon 355-20

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、Talon LD励起Qスイッチ固体レーザーに新しくTalon HEの高出力パルスエネルギーUVレーザーの新しいラインを発表いたしました。
355nmモデルは500uJ以上の、また532nmモデルは1000uJ以上のパルスエネルギーを出力します。また、フットプリントやインターフェイスは既に多くの産業用加工装置で成功を収めている、既存のTalonファミリーと同等です。圧倒的なコストパフォーマンスを持つTalon HEは、PCボード穴あけ加工やカッティング、半導体シリコンスクライブやダイシング、またフラットパネルディスプレイ製造プロセス等の多様な製造工程にて幅広くご使用頂けます。

主な仕様
Talon HE 355-500
・ 波長:355 nm
・ 出力:10W @ 20 kHz
・ 繰り返し:0 - 200 kHz
・ パルス幅:40-70 nsec @ 20 kHz
Talon HE 355-275
・ 波長:355 nm
・ 出力:11W @ 40 kHz
・ 繰り返し:0 - 200 kHz
・ パルス幅:50-90 nsec @ 40 kHz
Talon HE 532-1000
・ 波長:532 nm
・ 出力:15W @ 20 kHz
・ 繰り返し:0 - 200 kHz
・ パルス幅:30-70 nsec @ 20 kHz

アプリケーション
・ メタルカット
・ PCBディパネリング、切断、穴あけ
・ 太陽電池加工
・ レジスタートリミング
・ シリコンスクライビング
・ セラミックスクライビング
・ 薄膜加工
・ ガラス切断
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
産業用フェムト秒レーザー
Spirit CS

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、、この度、透明な硬質・脆弱性素材の微細加工用に最適化された産業用フェムト秒レーザーSpirit CSを発表いたしました。
Spirit CSは最近発表した現在特許出願中のClear Shapeレーザープロセス工法を用い、化学強化ガラス、非強化ガラス、サファイアなどの材料を極めて優れた切断品質で、曲線形状を含む高速切断を実現します。 切断速度は数メートル毎秒、切断面品質は他のレーザー加工法に比べ数倍優れ、切断面は<0.1umのなめらかさを可能にし、化学強化ガラスにおいては切断後たわみ強度700MPaを実現します。新たにリリースしたSpirit CSはモバイルデバイスのディスプレーやウインドウ、ウェアラブル、自動車産業関連製造など24時間/7日間運転を要求される過酷な条件に最適化され、このユニークなレーザープロセスでの量産製造を目指すお客様のご要望にお応えします。

主な仕様
Spirit CS 1040-4
・ 波長:1040nm ±5nm
・ 出力:>4W
・ 繰り返し:100KHz
・ パルス幅:<400fsec
Spirit CS 1040-8
・ 波長:1040nm ±5nm
・ 出力:>8W
・ 繰り返し:100KHz
・ パルス幅:<400fsec

アプリケーション
・化学強化ガラス切断
・非強化ガラス切断
・積層構造切断
・サファイア切断および溝加工
・透明材料内部構造切断
Edmund Optics
レーザーコート精密非球面レンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC® レーザーコート精密非球面レンズの発売を開始した。
高レーザー耐力を有する本レンズは、高出力Nd:YAGレーザーアプリケーションにおいて性能を最大化するようデザインされている。TECHSPEC® レーザーコート精密非球面レンズは、12 種類の異なるモデルをラインナップしている。直径15mm、開口数 (NA)0.60 で、設計波長がそれぞれ355nm、532nm、1064nm の3 タイプ、また開口数 (NA)0.50 で、設 計波長がそれぞれ355nm、532nm、1064nm の3 タイプ。直径25mm、開口数 (NA)0.42 で、設計波長がそれぞれ355nm、532nm、1064nm の3 タイプ、また開口数 (NA)0.50 で、設計波長がそれぞれ355nm、532nm、1064nm の3 タイプを揃えている。TECHSPEC® レーザーコート精密非球面レンズは、全品在庫販売体制により、お客様に短納期で供給する。顧客のニーズに合わせた精密非球面レンズを提供するために、直径の縮小や、使用波長に合わせたカスタムコーティングへの対応も可能。

Edmund Optics
レーザーライン用プレート型無偏光ビームスプリッター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、レーザーライン用プレート型無偏光ビームスプリッターの発売を開始した。
本ビームスプリッターは、入射ビームの偏光状態に影響を受けずに分岐し、偏光の制御が重要となる要求の厳しい様々なレーザーアプリケーションでの使用に最適である。レーザーライン用プレート型無偏光ビームスプリッターは、1064nm において6J/cm2 (10ns パルス) の高レーザー耐力特性を有している。基板上に誘電体膜を積層することにより、システム性能を向上させながら、入射ビームの偏光状態を維持する。1025~1095nm 用のコーティングは、Nd:YAG やYb:KGW、Yb:YAG を始めとする産業用で最も市販されているレーザーに向けてデザインされている。フェムト秒レーザーアプリケーション向けには、入射ビームのパルス幅を維持するようにデザインされた低GDD コーティングも提供する。また波面歪みを最小化するために、λ/8 の基板面精度を備えている。

Coherent, Inc.
マルチkW ファイバーレーザ
Highlight FLシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日、4kW及びそれ以上の出力を実現できる新プラットフォームを採用したファイバーレーザのラインアップを拡張した。
新Highlight FLシリーズは、コヒレント独自のモジュラーデザインを使用しており、ターンキー動作が可能なシステムや自社製のファイバーレーザを製造するためのモジュール供給の選択が可能である。独自のモジュラー構造に加え、コヒレント工場でのサービストレーニング、サービス認定制度などワールドワイドでOEMカスタマーを支援する体制を整えている。 またオプションとしてエンドユーザへの直接サポートも行うことが可能である。HighLight FLは、どの出力レベルにおいても、様々な金属や合金の切断及び溶接を最適化できるファイバー伝送(オプション)を用意している。 またHighlight FLのプラットフォームは、戻り光に対して強い構造であるため、高いスループットや低コスト運用を可能にする。コヒレント社は、励起用のレーザダイオードやアクティブファイバーなどを自社生産し、ファイバーレーザを製造しているため、高性能、高信頼性、高品質を低オペレーションコストで、維持することができる。

アプリケーション
・金属切断(アルミニウム、真鍮、銅、鉄など)
・金属溶接
・クラッディング(肉盛り)
・レーザ焼入れ
Coherent, Inc.
フェムト秒レーザ
RAPID-FX

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日、金属やガラス、サファイア、セラミック、誘電体材料等への高精度な微細加工向けソリューションとして、コスト効果の高いフェムト秒レーザの新製品RAPID FXをリリースした。
この新製品は、繰返周波数100 kHzにおいて(オプションで200 kHzまで可能)、パルス幅900 fs、パルスエネルギー最大100 μJのパフォーマンスを提供する。またRAPID FXは、高いビームクオリティ(M2<1.4)、パルスオンデマンド機能に加え、高エネルギーのフェムト秒極短パルスにより、加工スピードを犠牲にすることなく、ほとんど熱影響のない、ミクロン単位の精密な加工を実現する。また、これらの加工特性に加え、低イニシャルコストと優れた信頼性を両立するRAPID FXは、長期稼働における安定性が求められる多くの産業用アプリケーション向けに適した経済的なモデルである。本レーザは、主に自動車などの燃料噴射用インジェクションノズルの穴あけや、ディスプレイやスマートフォン製造などにおけるガラス、サファイア基板のスクライビング、ステント等の医療用インプラントの精密形成などの応用に適している。

主な仕様
・中心波長:1030±5 nm
・平均出力:≧10W
・最大パルスエネルギー:100 μJ @ 100 kHz
・パルス幅:<900 fs

アプリケーション
・燃料噴射用インジェクションノズルの穴あけ
・ガラス、サファイア基板のスクライビング
・医療用インプラントの精密形成
Coherent, Inc.
産業用高出力フェムト秒レーザ
Monaco

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日、実用的な価格帯で、かつ柔軟なパフォーマンスと高い信頼性の両立を実現する、全く新しいデザインの産業用高出力フェムト秒レーザの新製品Monacoをリリースした。
完全密閉筐体でワンボックス型のMonacoは、オシレータ部とアンプ部が一体化され、パルス幅400 fs以下で、波長1035 nm、繰返周波数1 MHz(平均出力 40W)、パルスエネルギー40 μJを提供する。対象アプリケーションの求める多彩な出力要件に柔軟に対応できるよう、シングルショットから繰返周波数の最大値までの範囲で柔軟に調整が可能で、さらに、パルス幅も10 psまでの設定調整を可能としている。また本レーザは、設計、材料、製造工程に至るすべてにおいて、産業用レーザに求められる24時間稼働を前提として設計されている。例えば、メンテナンス頻度を低減しながら性能を維持するため、アクティブクリーニング機能が備わった密閉シールド内に、励起光源やアンプ部品といった各種コンポーネントがパッケージされている。さらに、レーザの設計は高加速寿命試験(HALT)により繰返し最適化され、個々のユニットは、加速ストレス性能試験(HASS)の実施により信頼性が保証されている。

主な仕様
・中心波長:1035±5 nm
・平均出力:40W
・出力エネルギー:40 μJ @ 1 MHz / 10 μJ @ 4 MHz
・パルス幅:<400 fs

アプリケーション
・プラスチック、ポリマー等の薄膜切断
・シリコンウェハのスクライビング
・強化ガラスの切断
・多層膜加工
・LASIK、白内障治療等の眼科応用
Coherent, Inc.
高出力 短パルス 全固体(UV / Green / IR)レーザ
Flare NX

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日MALDI-TOF(マトリックス支援レーザ脱離イオン化法 - 飛行時間質量分析)やレーザマイクロダイセクション、レーザ誘起蛍光(LIF)などの応用において、高速かつ高品質な処理を可能にする超小型パルスレーザFlare NXをリリースした。
本シリーズは、1030 nm、 515 nm、 343 nmの3波長モデルをラインアップしており、高パルスエネルギー(>500 μJ @ 1030 nm、 >300 μJ @ 515 nm、 >100 μJ @ 343 nm)でありながら、優れたビーム質(M2<1.2)、短パルス幅(〜1 ns)を実現している。その短パルスにより、MALDI-TOFの質量分解能など、様々な応用で時間分解能を向上する。また高いパルスエネルギーは、SN比の改善をもたらし、数パルスでの測定を可能にする。加えて、高いビーム質は、顕微鏡応用で、高い空間分解能を実現する。

主な仕様
・波長:1030±1 nm / 515±0.5 nm / 343±0.5 nm
・パルスエネルギー:>500 μJ @ 1030 nm / >300 μJ @ 515 nm / >100 μJ @ 343 nm
・パルス幅:1.45±0.2 ns @ 1030 nm / 1.15±0.2 ns @ 515 nm / 1.0±0.2 ns @ 343 nm
・最大パルス繰返周波数:2 kHz
・空間モード:TEM00 (M2<1.2)

アプリケーション
・MALDI-TOF
・レーザマイクロダイセクション
・レーザ誘起蛍光(LIF)
Coherent, Inc.
フェムト秒ファイバーレーザ
Fidelityシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日、高平均出力と短パルスの組み合わせを実現し、光遺伝学(オプトジェネティクス)研究をはじめ、スクライビングや光造形などの先端産業用途のために高強度な集光ビームを可能にするフェムト秒ファイバーレーザFidelity10とFidelity18の2モデルをリリースした。
新モデルFidelity10とFidelity18は波長1040 nm、パルス幅140 fsで、出力はそれぞれ10W(Fidelity10)と18W(Fidelity18)である。 優れたビーム質(M2<1.2)も兼ね備えているため、他社レーザよりも極めて高いピークパワーと高強度な集光ビームを実現する。 加えて、ソフトウェアが調整可能で、かつ群速度分散補正機能を内蔵しているため、ユーザーは、サンプルに合せて、パルス幅とピークパワーを最適化できる。

主な仕様
・平均出力:10W (Fidelity10) / 18W (Fidelity18)
・波長:1040 nm
・パルス繰返周波数:80 MHz
・パルス幅:140 fs

アプリケーション
・光遺伝学(オプトジェネティクス)
・多光子励起顕微鏡
・OPO、非線形ファイバーの励起
・2光子光造形
・スクライビング、薄膜加工
Coherent, Inc.
高出力Qスイッチパルスグリーンレーザ
Revolutionシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日全固体QスイッチパルスグリーンレーザEvolutionシリーズの次世代モデルとしてRevolutionシリーズをリリースした。 新モデルRevolutionシリーズは、より高出力、より高いパフォーマンスと産業レベルの信頼性を提供する。
特に、波長527 nmで最大平均出力80W、および優れたビームプロファイルで高エネルギーを実現する。また繰返周波数をシングルショットから10 kHzにスムーズに調整でき、オプションで最大40 kHzの高繰返し周波数を選択できる。さらに、すべてのモデルが再生増幅器への内蔵や産業応用装置への組込みがし易いコンパクト設計(216 mm x 432 mm)となっている。Revolutionは、共振器内の結晶で周波数を倍増させ、基本波1054 nmからグリーン波(527 nm)を出力する全固体Nd:YLFレーザで、コヒレントの他の次世代レーザ同様、最先端のパフォーマンスと産業レベルの信頼性を兼ね備えている。

主な仕様
・波長:527 nm
・最大平均出力:80W @ 10 kHz
・標準パルス繰返周波数レンジ:シングルショット〜10 kHz

アプリケーション
・チタンサファイア再生増幅器の励起
・半導体ウェハーアニーリング
・材料加工
Coherent, Inc.
産業用半導体レーザ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日産業用途向けに高出力・高輝度の波長780〜830 nmと975 nmの半導体レーザコンポーネンツをリリースした。
コヒレントは、自社の半導体レーザ製造ラインを強化し、産業用OEM組込み用途で求められる優れたバッチ間の一貫性や品質を満たす高性能な半導体レーザを製品化した。波長780〜830 nmで、コヒレント独自のAAATM(アルミニウムフリー)技術をコア径800 μmファイバーアレイパッケージ(FAP)の新 70Wモデルだけではなく、60Wと80Wの低フィルファクターバーまで採用している。 またすべてのモデルが20,000時間以上の長寿命を実現する。

アプリケーション
・直接加工
・固体レーザ、ファイバーレーザの励起
Coherent, Inc.
高パフォーマンス半導体レーザ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年6月22日、メディカル用途向けに、波長1060 nmと1470 nmの高出力半導体レーザをリリースし、製品ラインアップを拡張した。 自社の半導体レーザ製造ラインを強化し、優れたバッチ間の一貫性や品質を満たす高性能な半導体レーザを提供する。
波長1470 nmモデルは、出力35W(CW発振)の低フィルファクターバーで、直接使用する用途の他、ファイバーカップリングやビームコンバイニングに理想的である。 主な用途は、前立腺肥大症などの泌尿器科治療、砕石術、血管手術、静脈レーザ処置(EVLT)、美肌若返りレーザ療法、にきび治療など外科手術や美容整形レーザ治療などである。 出力35Wの波長1470 nmバーの出現により、特に高出力を必要とする用途で、より効率的に治療が行え、またシステム構築の低コスト化にも貢献する。

アプリケーション
・外科手術
美容整形レーザ治療
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
LD励起固体グリーンレーザー
Ascend

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、業界最高レベルの高出力超短パルスアンプ励起用LD励起固体グリーンレーザーの『Ascend』を発表いたしました。
Ascendは、産業用レーザー技術により培われたプラットフォームをベースにした高出力キロヘルツLD励起固体グリーンレーザーです。Spectra-Physicsの業界最高レベルの高出力超短パルスアンプSpitfire Ace(8W)、Spitfire Ace PA(16W)、OneBoxのSolstice Ace(8W)、そして30fsec以下超短パルスが得られるFemtopowerシリーズむけ励起レーザーとして最適となっています。優れたビーム品質により高効率に励起でき、527nmで60W以上の高出力、低ノイズで極めて高い信頼性が特徴のAscendは理想的です。

●主な仕様
Ascend 60
・ 波長:527 nm
・ 出力:>50 W@10kHz
・ パルスエネルギー:>5 mJ@10kHz
・ 繰り返し:1-10 kHz
・ 空間モード:マルチモード

●アプリケーション
・ 再生増幅器の励起光源
・ マルチパスアンプの励起光源
・ 可視化用光源
・ 材料加工
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高エネルギーフェムト秒One Boxアンプシステム
Solstice Ace

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、新たに、業界最高レベルのパフォーマンスを実現する一体型超短パルスアンプシステム「Solstice Ace」を発表いたしました。
新Solstice Aceは、新たにリリースした高出力励起レーザーAscendを内蔵し1kHzにて7.0mJ以上の高パルスエネルギーを、5kHzにて8W以上及び10kHzにて7W以上の高出力を<35fsecから<120fsecのパルス幅にて出力します。また、厳しい品質基準に基づく信頼性テストを行い、無調整EternAlign光学マウントの採用により長期動作でも高い安定性と低ノイズ、日々の再現性を実現しています。 長期間安定性においては10℃の環境温度変化においてもパーフォーマンスを保証、信頼性の高いデータ計測を可能としています。また、新製品の出力60W以上のAscendを励起レーザーとして使用する事で、出力エネルギー、ビーム品質、信頼性において卓越したパフォーマンスを提供いたします。

●主な仕様
Solstice Ace-35F / Solstice Ace-100F
・ 波長:795-805nm / 780-820nm
・ パルスエネルギー:>7.0mJ、>1.6mJ、>0.7mJ
・ 繰り返し:1kHz、5kHz、10kHz
・ 空間モード:TEM00 (M2<1.25、両軸)

●アプリケーション
・ OPA励起
・ 2D IR分光
・ 超短パルスポンプープローブ分光
・ 非線形光学
・ 4波長混合分光
・ 各種素材への超短パルスマイクロマシニング
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
ファイバーレーザー
VGEN-ISP-POD/VGEN-QS-HE-100

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、最先端技術を盛り込んだ2機種の産業用パルスファイバーレーザーを新たに発表した。
VGEN-ISP-PODは、IR短パルス MOPA 方式のパルス・オン・デマンド(POD)機能を備えたファイバーレーザーで、精密微細加工やマーキング用途に適している。VGEN-QS-HE-100は、Qスイッチ高パルスエネルギーIRファイバーレーザーで、平均出力100W、1.5mJ以上のパルスエネルギーを出力し、穴開けや深堀のような高速金属加工アプリケーションに適している。VGEN-ISP-PODの高繰り返し対応のパルス・オン・デマンド機能は個々のパルスを独立して制御可能で、高解像度のラスタ画像や精密構造の微細加工が可能。また、高速/高品質加工に最適な1ナノ秒のショートパルス、40キロワットの高ピークパワー、高品質ビームを備えている。VGEN-QS-HE-100は、平均出力100W、1.5mJ以上の高パルスエネルギーを高品質のビームで出力する。軽量・小型サイズで、微細加工、マーキング、深堀、スクライビングなどの幅広い範囲の精密加工産業用アプリケーションで使用できる。

●主な仕様
VGEN-ISP-POD-20 / VGEN-QS-HE-100
・ 波長:1060-1080 nm
・ 出力:20 W / 100W
・ 繰り返し:0-1000 kHz, Pulse-on-demand / 20-140 kHz
・ パルス幅:5-100 ns / 125 ±25 ns

●アプリケーション
・穴あけ
・深掘り
・金属加工
・トリミング
・微細加工
・マーキング
・スクライビング
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
Talon QスイッチUV レーザーにハイパワー20W
Talon 355-20

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、Talon LD励起Qスイッチ固体レーザーにUV 20W出力モデルを追加いたしました。
Talonは、低コスト、ハイパフォーマンス、及び信頼性を兼ね備えたLD励起QスイッチUV及びグリーン固体レーザーです。新しいTalon 355-20は、20W以上のUV出力、0〜500kHzに及ぶ広域繰返し、卓越したビームプロファイルと安定性を、かつてない低コストで実現しています。24/7の使用環境においても堅牢で信頼性があり、妥協のないパフォーマンスが要求される微細加工を、最低限のコストオブオーナーシップで可能にします。PCB切断や穴あけ、セミコンダクター、LED及びセラミックスクライビング、フラットパネルディスプレイ、太陽電池セルやガラス等切断・穴あけといった用途に最適です。

●主な仕様
Talon 355-20
・ 波長:355 nm
・ 出力:20W @ 100 kHz
・ 繰り返し:0 - 500 kHz
・ パルス幅:< 25 nsec @ 100 kHz

●アプリケーション
・ PCBディパネリング、切断、穴あけ
・ 太陽電池加工
・ シリコンスクライビング
・ セラミックスクライビング
・ ITOパターニング
・ ガラス切断
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
産業用超短パルスレーザーSPIRITシリーズに16Wが登場
Spirit 1040-16

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
ペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、超短パルス再生増幅システムSpiritシリーズに新たに高出力仕様が加わりました。また強化ガラス、サファイアと言った、硬質・脆弱性素材へのあらたな加プロセスとして特許出願中の「ClearShape」を発表いたしました。
産業用フェムト秒レーザー「Spirit」シリーズの新しいラインアップとして高出力モデル「Spirit1040-16」が加わりました。Spirit1040-16 は平均出力>16W、最大エネルギー40uJ を出力し、繰り返しは1MHzまで可能です。本モデルは半導体マイクロ加工における、高速かつコールド・プロセス、フラットパネルディスプレイ製造やその他の超精密加工に最適となっています。また、多くの導入実績を誇る産業用プラットフォームであり、高い信頼性を確保するために過酷な環境試験にも合格しています。フェムト秒レーザーによる加工プロセス“ClearShape”は、ガラスやサファイアなどの硬質・脆弱性素材に対し高い加工性能をもたらす現在特許申請中の新しい加工プロセスです。化学強化ガラスの割断において1,000ミリメートル/ s以上の速度を可能にし、カット品質においても他のレーザプロセスに比べ、チッピングが無く、エッジのラフネスはRa<01um 、 そして抗折強度>650 MPaを実現しています。フェムト秒加工レーザーとして産業界に幅広く使用されているSpritレーザーファミリーを用いることで、この新しいプロセスは、モバイル、ウエアラブルデバイスに使用されるウインドウやその他の24/7の運用が要求される厳しい条件への応用にも最適となっています。

●主な仕様
Spirit 1040-16 / Spirit 1040-16-SHG
・ 波長:1040nm / 520nm
・ 出力:>16W / 8W
・ 繰り返し:400KHz - 1MHz
・ パルス幅:<400fsec(通常値)

●アプリケーション
・各種フェムト秒微細加工
・医療用マイクロデバイス製造
・フラットパネルディスプレイ製造
・半導体製造関連
・フェムト秒時間分解分光
・ポンププロープ実験など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
電源一体型産業用フェムト秒レーザー
Spirit One

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、コストパフォーマンスを追求した電源一体型 産業用 高繰り返しフェムト秒レーザー『Spirit One』を発表いたしました。
新しい産業用高繰り返しフェムト秒レーザーは、 400fs以下の超短パルス、高いパルスエネルギーと平均出力、最大1MHzまでの繰返し周波数可変、堅牢な電源一体型のコンパクトモデルで、顕微外科手術応用、フェムト秒マイクロマシニング、医療用デバイス製造、光遺伝学応用、多光子顕微鏡などの高精度なアプリケーションへの進化を可能にします。Spectra-Physicsが提唱するレーザーヘッドと電源を一体化したコンパクトなプラットフォーム、“It’s in the Box™”コンセプトデザインを採用し、平均出力3W以上、パルスエネルギー30 μJ以上を1030nmにて出力するのに加え、パルス幅をソフトウエアコントロールにより400fsから3psまで数秒のうちに変更することも可能とし、各種アプリケーションに柔軟に対応する新たな機能を兼ね備えています。 また、出力パルスの高速選択、パワーコントロールを可能にするパルスピッカーを内蔵、効率的な各種プロセスに対応しています。

●主な仕様
Spirit One 1030-3
・ 波長:1030nm ± 5nm
・ 出力:>3W
・ 繰り返し:100KHz - 1MHz
・ パルス幅:<400fsec(通常値)

●アプリケーション
・ 顕微外科手術応用
・ 光遺伝学応用
・ 医療用デバイス製造
・ フェムト秒マイクロマシニング
・ 多光子顕微鏡
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
電源一体型LD励起Qスイッチ固体レーザー
Explorer One 532

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、世界最小電源一体型LD励起Qスイッチ固体レーザー『Explorer® One』のラインアップに532nmの波長を追加いたしました。
新たなラインアップはExplorer One 532-2と532-2Yのグリーン波長帯で、出力平均2Wの2モデルとなります。新モデルは金属やプラスチックの微細加工やマーキング、PCB製造のレーザーダイレクト加工、内部ガラスマーキングだけではなく、薄膜スクラビングなど、その他最小クラスの設置面積や優れた耐久性と動作性を要求される用途に適しています。Explorer Oneは、産業用途における最小クラスのサイズと、空冷方式により、低コストオーナーシップと装置への組込みの容易さを実現し、既に多くの実績を誇っています。この度の532nmモデルの追加は、産業用途においてExplorerOneの適応範囲や可能性を更に広げることになります。Explorer One 532-2はNd:YVO4レーザーで、高繰返し周波数が要求されるアプリケーションに適します。一方で、Explorer One 532-2YはNd:YAGレーザーで、高パルスエネルギーが要求されるアプリケーションに適します。

●主な仕様
Explorer One 532-2/Explorer One 532-2Y
・ 波長:532nm
・ 出力:>2W @50kHz/>2W @10kHz
・ 繰り返し:シングルショット-200kHz/シングルショット-60kHz
・ パルス幅:<15ns @50kHz/<15ns @10kHz

●アプリケーション
・ MALDI-TOF 質量分析
・ 顕微細胞分離(Laser Microdissection)
・ FPDリペア
・ UVタイトリング
・ イントラガラス、及びガラス表面マーキング、UVマーキング
・ 微細加工
・ ウエハー検査/マーキング
・ 金属マーキング
・ 薄膜スクライビング
・ LIDAR など
Coherent, Inc.
2レーザビーム診断用の新カメラ
LaserCam-HR II

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2015年2月12日レーザビーム診断用のカメラの高性能モデルLaserCam-HR IIをリリースした。
新モデルは従来のLaserCam製品とハードウェア/ソフトウェアともに互換性があり、製造/研究の両分野で置き換えが簡単に行える。新モデルには、新しいCCDセンサー(1/2インチ、2/3インチタイプを用意)と最先端の電気回路を採用したことで、その性能が向上した。またノイズを低減し、垂直分解能を上げたため、カメラのダイナミックレンジを低出力側まで拡大することができた。これにより、より高感度で、D4シグマを含む確度の高いビーム径の測定が可能となった。なお本モデルは、コヒレントのビーム診断解析ソフトウェアBeamView(対応OS:Windows7及び8)を使用しており、従来のカメラ同様、高速USB2.0インタフェースを採用している。

特長
・USB 2.0、12 bit / 14 bit
・2種類のCCDを選択可能
・ワイド波長レンジ
・コンパクトサイズ 68 x 68 x 43 mm
Edmund Optics
広帯域IRレーザーミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、広帯域 IR レーザーミラーの発売を開始した。
本ミラーは高レーザー 耐力を備え、量子カスケードレーザーやCO2 レーザーといった要求の厳しい赤外レーザーアプリケーションに最適である。広帯域 IR レーザーミラーは、銅を基板に使用し、レーザー損傷閾値を通常50kW/cm2 まで十分に高めている。銅基板はハイパワーな赤外レーザーによって生じる過剰な熱を分散させるため、他の基板材料のミラーよりも機械的安定性に優れている。欧州RoHS 指令に適合した広帯域 IR レーザーミラーは、2~20μm において98% 以上の反射率を実現し、10.6μmにおいて90%の有効径内でλ/20 の基板面精度を有する。広帯域 IR レーザーミラーは25mm と50mm の直径サイズをラインナップする。

Edmund Optics
λ/20平凸レンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社はTECHSPEC λ/20 平凸レンズの発売を開始した。。
本レンズは、レーザーや測量アプリケーションを含む、透過波面歪の最小化を必要とする幅広い用途に理想的である。 TECHSPEC λ/20 平凸レンズは、精密な合成石英基板、λ/20 の基板面精度、20-10 の優れた表面品質といった、要求の厳しい環境における高精密な用途に必要となる特性を網羅。欧州RoHS 指令に適合した本レンズは、0.2〜2.2μm の波長域と24mm の有効径を備える。どのTECHSPEC λ/20 平凸レンズにも、干渉縞データや直径、曲率半径、中心厚、偏芯の計測結果を記載した完全な計測試験データと共に発送される。直径25mm で未コート品の本精密レンズは、50mm、75mm、100mm、150mm の焦点距離をラインナップする。



Edmund Optics
低損失レーザーミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は低損失レーザーミラーの発売を開始した。
この光学用ミラーは、特定の波長と入射角で最大の反射率を要するレーザーアプリケーションに用いられる。低損失レーザーミラーは、1064nm において12J/cm2 (10ns パルス) の高レーザー耐力特性を有しており、過酷な環境下でのアプリケーションにおいて耐性がある。低損失レーザーミラーは、Nd:YAG レーザーやチタンサファイアレーザーの発振波長の多くで99.9% 以上の超高反射率を実現する。イオンビームスパッタリング (IBS) コーティングの採用により、高い再現性と厳しい公差を提供している。IBS コーティングは、膜がとても緻密で、高レーザー耐力特性を有するため、他の増反射コーティング技術と比べても耐久性に優れている。RoHS 適合の本光学用ミラーは、UV グレードの合成石英ガラスを基板に採用し、優れた画質を維持するために1/8λの基板面精度で加工される。


Coherent, Inc.
2波長出力 ハイパワーフェムト秒レーザ
Chameleon Discovery

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年11月17日波長チューニング領域が最も広く、高出力かつ短パルス幅の2波長同時出力を実現するフェムト秒レーザChameleon Discoveryをリリースした。
この新モデルの誕生により、多光子励起顕微鏡による最先端の蛍光イメージングが可能となる。Chameleon Discoveryの2つの出力は共にハイピークパワーで、第1出力は、短パルス100 fs、最大出力1.4W、680〜1300 nmの波長域を連続掃引する。一方、第2出力は波長1040 nmにおいて出力1.5Wを発振する。また、内蔵の群速度分散補正機能により、サンプル上で、最大のピークパワーを維持できる。第1出力の広帯域チューニング領域、高出力、短パルスは、eGFP, YFP, RFPなど、一般的な蛍光の励起に最適である。第2出力の波長1040 nm、高出力、短パルス(160 fs)および優れたビームパラメータは、マルチプローブの2波長同時励起やオプトジェネティクス応用のオプシンの光活性化など、新技術を可能にする。この応用は、既に確立されたC1V1とGCaMPの組み合わせに加え、ChR2とRCaMPの組み合わせのような新しいオプトジェネティクスの手法の開発を推進する。なお、2波長同時発振を実現するChameleon DiscoveryはCARSやSRSのような手法にも理想的である。

アプリケーション
・多光子励起顕微鏡
Coherent, Inc.
全固体パルスUVレーザの低コスト高パフォーマンスモデル
AVIA NX

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年10月27日マイクロエレクトロニクス・パッケージング用途で実績のあるAVIAシリーズ(全固体Qスイッチパルスレーザ)に経済性と信頼性及び使い易さを兼ね備えた最新モデルAVIA NX (波長:355 nm、最大出力:40W)をラインアップした。
この新型モデルは、他のモデルよりもW(出力)あたりのコスト低減を実現し、また、同出力レベルのUVレーザと比較し、小型かつ軽量で、堅牢な設計となっている。製品のデザインを根本から見直し、再設計することにより、改良された本新モデルのリリースに至った。新デザインでは、コヒレントが特許を持つNd:YVO4利得媒質に対する独自の励起手法を採用することで、システム全体の光変換効率の向上を行った。また、PermAlign 2と名付けられたコヒレント独自の最新光学マウント技術の採用により、構造をシンプルかつ小サイズ化し、高安定性と長期間の高信頼性を実現する。加えて、新世代の電気コンポーネントを用いることで、レーザヘッド内に一体化でき、小型で信頼性の高い製品デザインを可能にした。さらに、その信頼性は、AVIA NXの製品工程に、高加速寿命試験(HALT)や加速ストレス性能試験(HASS)を導入することで向上されている。

主な仕様
・出力:10W、20W、40W
・波長:355 nm
・繰返周波数:〜300 kHz
・パルス幅:< 35 ns @ 130 kHz、< 30 ns @ 100 kHz

アプリケーション
・PCBビアホール穴あけ
・フレックス材料の穴あけ/切断
・3D ICチップ製造
・ICチップパッケージトリミング
・SiP(System in Package)製造に関連する加工応用
株式会社島津製作所
ファイバー結合型高輝度青色半導体レーザ
HK-5650

販売:株式会社島津製作所
株式会社島津製作所は、微細加工に適した「ファイバー結合型高輝度青色半導体レーザHK-5650」を10月14日に発売する
当社は、今後急拡大が見込まれている加工用レーザの世界市場を見据え、次世代高機能レーザ加工向け光源事業の確立に注力している。戦略商品の一つとして、10W出力のファイバー結合型高輝度青色半導体レーザHK-5650を開発した。本製品は金属への吸収率が高い450nmの短波長において従来の16倍の輝度を実現し、スポットサイズが極小のため、加工材料の多様化への対応やスマートフォンに代表される電子デバイスの小型化に伴い需要が伸びている金・銅などの高反射・高熱伝導率材料の微細加工や近年注目を浴びている3Dプリンタ等に用いることができる。また次世代照明として研究が進められているレーザ励起白色蛍光体の励起用光源等にも適している。またフレキシブルに伝送可能なファイバー結合型を採用しているため、自由度の高い取り回しが可能で汎用性に優れている。

主な特徴
・業界最高クラスの高輝度を実現
・新たなアプリケーションの提供
・優れたコストパフォーマンス

Edmund Optics
ラジアル偏光コンバーター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社はラジアル偏光コンバーターの発売を開始した。
この軸対称波長板は、レーザーのビームスポットサイズを小さくするために、直線偏光の光をラジアル偏光やアジマス偏光に変換するようデザインされている。ラジアル偏光コンバーターは、歪みによって引き起こされる不正確性を減らすことで機械的構造物のエッジ品質を改善したり、高いアスペクト比を有するレーザードリルやカットなど、様々なアプリケーションに最適である。ラジアル偏光コンバーターは、光をラジアル偏光に変換するため、STED (STimulated Emission Depletion) や2 光子励起蛍光顕微鏡、レーザーマイクロマシニング、光ピンセット用途に最適である。光渦やドーナツビーム形状化にも使用可能。


Edmund Optics
非球面シリンダーレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC 非球面シリンダーレンズの発売を開始した。
本レンズは、非球面レンズと同様の回折限界の集光性能を、光の一方向のみに行う。 TECHSPEC 非球面シリンダーレンズは、集光する軸に沿って球面収差を減らすようデザインされており、細いラインプロファイルを形成するのに優れた選択肢となる。標準的なシリンダーレンズに比べ、TECHSPEC 非球面シリンダーレンズは、単色光源のスポットサイズを劇的に小さくし、様々なアプリケーションにおいてシャープで細いラインを提供する。 TECHSPEC 非球面シリンダーレンズは、直径が12.5mm と25mm、焦点距離が10mm、12.5mm、20mm、25mm の全8 種類をラインナップ。全てのタイプにおいてコートなし、或いはMgF2 反射防止コーティングが選べる。


Spectra Physics
(Newport Corporation.)
広帯域波長可変フェムト秒レーザー
InSight DeepSee+

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、さらに出力レベルを強化した広帯域波長可変フェムト秒レーザー「InSight DeepSee+(インサイトディープシープラス)」を発表いたしました。
InSight DeepSee+は、全コンピューター制御にて、より深いイメージングに必要とされる超短パルスを680nmから1300nmまでの広帯域において連続波長可変が可能です。1041nmとの2波長同時発振オプションにより、マルチモーダルイメージングも可能になります。神経科学におけるIn vivo深部組織イメージング、細胞バイオロジー、その他生命科学研究用途に最適です。

●主な仕様
InSight DS+
・ 波長チューニング域:680-1300nm
・ 平均出力:600mW@700nm,1200mW@900nm,1000mW@1000nm,
700mW@1200nm,500mW@1300nm
・ 繰り返し:80MHz ± 1MHz
・ パルス幅:<120fsec
・ 空間モード:TEM00、M2<1.2

●アプリケーション
・ 多光子顕微鏡
・ CARS、SHG、THG、SRSを含むマルチモーダルイメージング
・ オプトジェネティクス(光遺伝学)
・ 時間分解フォトルミネッセンス
・ 非線形光学
・ 表面SHG
・ テラヘルツイメージング
・ 半導体計測
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
QスイッチUVレーザー
Talon

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、Talon LD励起Qスイッチ固体レーザーに15W出力モデルを追加いたしました。
Talonは、低コスト、ハイパフォーマンス、及び信頼性を兼ね備えたLD励起QスイッチUV及びグリーン固体レーザーです。新しいTalon 355-15は、15W以上のUV出力、300μJのパルスエネルギー、0〜500kHzに及ぶ広域繰返し、卓越したビームプロファイルと安定性を、かつてない低コストで実現しています。24/7の使用環境においても堅牢で信頼性があり、妥協のないパフォーマンスが要求される微細加工を、最低限のコストオブオーナーシップで可能にします。PCB切断や穴あけ、セミコンダクター、LED及びセラミックスクライビング、フラットパネルディスプレイ、太陽電池セルやガラス等切断・穴あけといった用途に最適です。

●主な仕様
Talon 355-15
・ 波長:355nm
・ 出力:15W @ 50 kHz, 13W @ 100 kHz, 3W @ 300 kHz, typical
・ 繰り返し:0 - 500 kHz
・ パルス幅:< 30 nsec @ 100 kHz

●アプリケーション
・ PCBディパネリング、切断、穴あけ
・ 太陽電池加工
・ シリコンスクライビング
・ セラミックスクライビング
・ ITOパターニング
・ ガラス切断
Coherent, Inc.
産業用高出力100Wピコ秒レーザ
HYPER RAPID 100

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年3月18日パルス制御機能とバーストモード操作を実現する100Wクラスの産業用ピコ秒レーザHYPER RAPID 100をリリースした。
この新モデルは特にセラミックやサファイア、ガラスなどの脆性材料の加工に対する優位性を持ちながら、従来のレーザよりも出力Wあたりのコストが低いため、経済的にも優れ、より幅広い加工用途に適応する。HYPER RAPID 100は、多段アンプを組むことにより、波長1064 nm時、平均出力100W注1(繰返し400 kHz〜1 MHz)、また波長532 nm時、平均出力65W注2を実現するモードロック固体レーザである。高いビーム質(M2<1.4)と短パルス(<15 ps)による集光ビームは、多くの材料において非線形効果を用いた加工を可能とする。その結果、可視光や近赤外光では透過してしまう材料も加工できるだけではなく、熱影響を抑えた加工が実現できる。
Coherent, Inc.
CO2レーザの新モデル
Jシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年3月18日に、短時間で容易に装置組込みが可能な、小型でガス封じ切り設計のCO2レーザの新シリーズDIAMOND Jシリーズをリリースした。
Jシリーズは、共通の外観寸法、ビーム特性、光学系、ソフトフェア、制御インターフェースを採用しており、モデルによって、長さ寸法が若干異なることが唯一の違いである。また共通のプラットフォームを採用したことで、加工対象の追加・変更・タクト増により、CO2レーザのモデル変更時に、レーザ・ユニット部のシステム再設計を短縮できる。さらに導入後は、Jシリーズ共通の最先端の診断機能により、予防保全、ダウンタイムの最小化を可能にし、延いてはユーザからの急ぎの問合せ、もしくはレーザ返送回数も減らすことが可能となる。Jシリーズは、永く世界各国のフィールドで実績のあるメタル・シールド技術(ガス再充填メンテナンス不要)を伝承した、コヒレント社の最高水準技術をベースに開発された最新機種であり、優れたパフォーマンスと長期信頼性を兼ね備えている。
アプリケーション
・コンバーティング
・マーキング
・彫刻
・切断
・ミシン目加工
・穴あけ
Coherent, Inc.
ダイレクトプロセス用LDシステム
HighLight10000D

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年3月13日ダイレクトプロセス用ダイオードレーザ(LD)システム HighLight Dシリーズ(波長975 nm)に、出力10 kWモデル HighLight10000Dをラインアップした。
高出力モデルの製品化により、金属クラッディングや熱処理(レーザ焼入れ)などの応用にて、スループットの向上が期待できる。新モデルHighLight 10000Dは、簡易に交換できる多種のビーム形状(ライン幅拡張オプション1〜12 mm、ビーム形状オプション6 〜 36 mm)を提供できるため、特定の加工ニーズに対応可能である。さらに金属クラッディング応用で、10 kWモデルをコヒレントの粉末供給ノズルとともに使用すると、高い材料付着率(>20 lb/時間)が実現でき、また熱処理(レーザ焼入れ)用途では、レーザの高出力化により、広い面積の加工が可能となる。加えて、クローズドループ・パイロメータを用いることで、加工材料の表面温度を管理し、レーザの出力を制御することができる。

主な仕様
・出力 : ≧10 kW
・波長 : 975±10 nm
・出力安定性 : ≦2%/hour
・ワークディスタンス : 〜275 mm

アプリケーション
・金属クラッディング
・熱処理(レーザ焼入れ)
・溶接
Edmund Optics
フッ化バリウム (BaF2) ウインドウ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC フッ化バリウム (BaF2) ウインドウの発売を開始した。
本ウインドウは、深紫外から長波赤外に及ぶ広帯域透過特性により、赤外分光を含む様々なアプリケーションに最適となる。200nm〜14μm において卓越した透光性を備えたTECHSPEC フッ化バリウム (BaF2) ウインドウは、フッ化バリウムの低屈折率 (1.48) を活かし、反射防止 (AR) コーティングなしでも高い透過率を実現する。本ウインドウは、乾燥した環境下で800°C までの使用に耐えることができる。TECHSPEC® フッ化バリウム (BaF2) ウインドウは、フッ化物系の光学材料の中では高エネルギー照射に対して最も高い耐性があり、 82 のヌープ硬度を有する。

Edmund Optics
UV-NIR 用ND フィルター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPECUV-NIR 用ND フィルターの発売を開始した。
この多目的フィルターは、様々な種類のアプリケーションにおいて、紫外から近赤外までの光量を減衰するために用いられる。TECHSPEC UV-NIR 用ND フィルターは、5 秒以内の優れた平行度と際立った面精度を備えている。本フィルターは、190~1700nm において一定した超広帯域性能を実現する。直径が12.5mm、25mm、50mm のタイプをラインナップ したUV-NIR 用ND フィルターキットは、全ての光学濃度から構成され、最大限の汎用性と実用性を発揮する。

Spectra Physics
(Newport Corporation.)
ハイブリッド高出力ファイバーレーザー
Quasar 355-60

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、60W以上(300μJ)を出力する画期的なハイブリッドUVファイバーレーザー「Quasar 355-60」を発表いたしました。
Quasar 355-60は、パルスパラメーターをプログラミング可能なTimeShift機能を搭載し、昨年 5月にリリースしたQuasar 355-45と比べ、出力とパルスエネルギーにおいて33%アップ(60W)、最大繰返し周波数において3.5倍(0〜3.5MHz)、最小パルス幅において1/2.5(<2nsec〜>100nsec)の劇的な進歩を実現し、生産性と精密度の両面で大きな改善を可能にします。この新しいQuasar 355-60は、躍進するモバイル製造や要求の激化するマイクロエレクトロニクスデバイス製造にて性能や特性を飛躍的に改善する可能性を秘めています。Quasarは発売より量産出荷されており、そのたぐいまれなる加工結果と信頼性のあるパフォーマンスに好評をいただいています。

●主な仕様
・ 波長:355nm
・ 出力:>60W@200kHz, 10nsec、 >60W@300kHz, 10nsec
・ 最大パルスエネルギー:>300μJ
・ 繰返し:0-3.5MHz
・ 最適TimeShift™設定:300kHz, 10nsec
・ パルス‐パルス安定性:<5%, rms 1s
・ 出力安定性:<2%, rms 1s 8時間以上
・ ピーク‐ピーク出力安定性:±3% 8時間以上
・ 偏光:100:1 垂直
・ 空間モード:TEM00 (M2<1.3)
・ ビーム拡がり角(全角):0.3mrad
・ パルス幅、FWHM(TimeShiftプログラム可能):<2nsec - >100nsec
・ ビーム径(1/e2):3.5±0.35mm

●アプリケーション
・ ガラス切断、穴あけ
・ PCB穴あけ、切断、ディパネリング
・ HDI (High Density Interconnects)
・ Si微細加工、Siウエハーダイシング
・ Low K 誘電体 グルービング
・ セラミックおよびLED加工
・ ITOパターニング など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
QスイッチUV / グリーンレーザー
Talon

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、今までにない低コスト、ハイパフォーマンス、及び信頼性を兼ね備えたTalon LD励起QスイッチUV / グリーンレーザーを発表いたしました。
Talonは、12W以上のUV出力、240μJのパルスエネルギー、0〜500kHzに及ぶ広域繰返し、卓越したビームプロファイルと安定性を、かつてない低コストで実現しています。24/7の使用環境においても堅牢で信頼性があり、妥協のないパフォーマンスが要求される微細加工を、最低限のコストオブオーナーシップで可能にします。PCB切断や穴あけ、セミコンダクター、LED及びセラミックスクライビング、ITOや太陽電池セルの薄膜パターニング、ガラス切断・穴あけといった用途に最適です。

●主な仕様
Talon 355-12
・ 波長:355nm
・ 出力:12W @ 50 kHz, 10W @ 100 kHz, 3W @ 300 kHz, typical
・ 繰り返し:0 - 500 kHz
・ パルス幅:< 30 nsec @ 100 kHz
Talon 355-6
・ 波長:355nm
・ 出力:6W @ 50 kHz,4W @ 100 kHz, 1W @ 300 kHz, typical
・ 繰り返し:0 - 500 kHz
・ パルス幅:< 30 nsec @ 100 kHz
Talon 532-20
・ 波長:532nm
・ 出力:20W @ 50 kHz, 18W @ 100 kHz, 13W @ 300 kHz, typical
・ 繰り返し:0 - 500 kHz
・ パルス幅:< 30 nsec @ 100 kHz

●アプリケーション
・ PCBディパネリング、切断、穴あけ
・ 太陽電池加工
・ シリコンスクライビング
・ セラミックスクライビング
・ ITOパターニング
・ ガラス切断
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
超小型フェムト秒レーザー
HighQ-2

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、超小型、空冷、波長固定のフェムト秒レーザーHighQ-2を発表いたしました。
HighQ-2は、短パルスで高ピークパワー(190kW以上)かつ高度にフォーカス可能なビームプロファイルを有すため、極めて精度が高くコントロールされたビームや、超短パルスを要求される多光子イメージング、マイクロ・ナノ構造形成、マイクロ・ナノ手術、顕微細胞分離などのアプリケーションに適しています。HighQ-2は設置面積が222×204×101mmという超コンパクト設計で、IR及びグリーンの波長が用意されています。24/7の使用環境にも耐える信頼性のあるレーザーです。完全ターンキーオペ レーションでコールドスタートからでも装置の立ち上がりが早く、簡単に設置・作動させることが可能です。また、長寿命LDと密閉されたキャビティーデザインを備え、製造は管理されたクリーンルームで行われています。そのため、長寿命で、高いアップタイムを保証し、コストオブオーナーシップが軽減できる極めて信頼性の高いレーザーと言えます。

●主な仕様
・ 平均出力:>1.5W(IR)、>0.65W(グリーン)
・ 波長:1045±8.0nm(IR)、522±4.0nm(グリーン)
・ 繰返し:63MHz
・ パルス幅 (FWHM):<250fsec
・ パルスエネルギー:>24nJ(IR)、>10nJ(グリーン)
・ ビームクオリティ:TEM00, M2<1.15

●アプリケーション
・ 多光子イメージング(YFP、RFP、SHG、THG)
・ オプトジェネティクス(Opto-genetics)
・ 2光子ポリメリゼーション
・ マイクロ・ナノ手術、顕微細胞分離 など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
超短パルスアンプシステム

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、3種類の新しい超短パルスアンプシステムを製品ラインアップに加えました。
新しいSpitfire Ace PA (Power Amplifier) は14W以上の高出力、12mJ以上の高エネル ギーを40fsec以下にて、Spitfire Aceは出力7W以上、6mJ以上、35fsec以下のパルス幅を再生増幅アンプ部のみにて出力します。また、Spirit-NOPAは波長可変可能な高繰返しパルスをわずかsub-20fsecのパルス幅にて出力します。いずれも超短パルス分光や先端科学用途に新たな可能性を拡げます。Spitfire Ace PAは14W以上を5kHzの繰返しにて、12W以上を1kHz及び10kHzにて出力、またSpitfire Aceは7W以上を5kHzにて、6W以上を1kHz及び10kHzにて出力します。スペクトラ・フィジックスの特許であるXPキャビティーデザインの採用により高出力でかつ卓越した モード品質を備えており、多色時間分解分光やコヒレントコントロール、非線形分光といった幅広い理科学研究用途において理想的な再生増幅システムです。

Coherent, Inc.
理科学用サブ70 fsファイバーレーザ
Fidelity

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年2月5日、産業レベルの高い性能を発揮する理科学レーザの製品化プログラムの1つとして、堅牢でコンパクトなワンボックス型ファイバーレーザFidelity(パルス幅<70 fs, 平均出力>2W @ 波長1055 nm)をリリースした。
Fidelityは経済的でメンテナンスフリーのオシレータで、空冷、小型(318 mm x 318 mm)でありながら、マルチフォトンイメージング、THz発生、材料研究などの応用で求められる優れたビーム質(M2<1.2)を実現する。高繰返し(64 MHz)の本製品を使用することで、データの取得時間が短縮でき、ひいては研究の生産性を向上する。またFidelityはプレチャープを調整できる電子制御機能を内蔵しているため、ファインチューニングやパルス幅の最小化などが容易に調節可能となる。

主な仕様
・中心波長: 1055±5 nm
・平均出力: >2 W
・パルス幅: <70 fs
・出力安定性:±0.5 %
・繰返周波数(標準):70 ±10 MHz
・空間モード:(M2 < 1.2)

アプリケーション
・バイオイメージング応用
・各種研究応用
Coherent, Inc.
ウルトラファースト再生増幅器
Astrella

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年2月5日、高エネルギー(>6 mJ)、短パルス(<35 fs)および優れたビーム質(M2<1.25)を兼ね備え、産業レベルの耐久性を実現する次世代ウルトラファーストkHz再生増幅器(ワンボックス型)Astrellaをリリースした。
この新レーザの比類なき安定性は、長期にわたり保守費用を最小に抑えることで、理科学実験におけるデータ取得コストを抑制し、今までにない高い生産性(費用対効果)を提供する。さらに、以前の機種に比べてより手頃になった保証延長パッケージは最大5年間の保証が選択でき、予期せぬ故障による予算出費の発生を削減する。

主な仕様
・中心波長 (典型値): 800 nm
・繰返周波数:1 kHz
・パルス幅(FWHM):<35 fs
・パルスエネルギー:>6 mJ
・出力安定性:<0.5 rms *24時間測定
・空間モード:TEM00, M2 <1.25

アプリケーション
・バイオイメージング応用
・各種研究応用
Coherent, Inc.
低価格 超小型 レーザ
BioRay

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年2月5日、価格とサイズに敏感なライフサイエンスや医療検査応用向けに、低価格の超小型レーザBioRayをリリースした。この製品は、ポイント・オブ・ケア(患者に近いところで行われる)検査装置などサイズの制限を受ける装置の光源に適している。
本製品は、ダイオード、コントローラ、光学系など、すべてを本体に内蔵した1パッケージ設計で、この度、5波長(405 nm, 450 nm, 488 nm, 520 nm, 640 nm)の可視モデル(出力50 mW)を製品化した。

主な仕様
・波長:405 nm / 450 nm / 488 nm / 520 nm / 640 nm
・出力:50 mW @ 405/450/520 nm、40 mW @ 640 nm、20 mW @ 488 nm
・光ノイズ:<0.5 % rms (20 Hz〜20 MHz)

アプリケーション
・医療検査応用
・ライフサイエンス応用
Coherent, Inc.
パワーセンサー
PowerMax-Pro

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年2月5日、レーザパワーセンサーの画期的な技術革新により、全く新しいタイプのパワーセンサーPowerMax-Proを製品化した。このセンサーの最大の革新性は非常に速い応答性にある。
PowerMax-Pro(特許申請中)は革新的な薄膜技術の採用により、レーザエネルギーによる温度変化に迅速に応答し、従来の直径数cmのセンサーでは放射状に熱伝導するが、わずか数ミクロン厚のフィルムを通して垂直方向に熱が伝導する。この結果、従来の熱伝導型センサーでは、先読み機能を使っても1秒以上、測定が安定するまで実際には10秒程度かかっていたが、わずか10μs以下で測定が終了する。
Coherent, Inc.
バイオ応用向けスマートレーザ
OBIS LGシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2014年2月5日、数Wクラスの高出力でありながら、プラグインプレイの簡易操作を実現するOBIS LGシリーズ(グリーンモデル:波長532 nm / 出力1W、UVモデル:波長355 nm / 出力20 mW)をリリースした。
バイオ応用において、高出力グリーンモデルはSN比の向上や、短時間でのデータ取得を可能にする。また、効率的な高調波発生により、355 nm発振のモデルを加えた。両モデルともにバイオ応用でのOEM組込み用途に対応し、ほぼ完全なモード質でTEM00発振を実現している。OBIS LGには、コヒレント独自の光励起半導体レーザ(OPSL)技術が採用されている。そのため、ダイオードをベースにしたUV光源と異なり、長波長側の発振がない、一定の純粋な波長が得られ、低ノイズ(0.25% RMS)を実現するため、蛍光励起の応用に最適な光源となっている。

アプリケーション
・フローサイトメトリー ・コンフォーカル顕微鏡
Edmund Optics
高コントラスト IRワイヤーグリッド偏光板

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、新しい 高コントラスト IR ワイヤーグリッド偏光板の発売を開始した。
この多目的偏光板は、分光解析、サーマルイメージング、天文学を始め、高い透過率とコントラストを必要とする広帯域赤外アプリケーション用に最適である。高コントラスト IR ワイヤーグリッド偏光板は、ガラス基板上に薄いアルミ製MicroWire を施して作られている。本偏光板は、軽量で薄いシリコン基板を用いてデザインされており、UAV などの軽量化が求められるシステムに最適である。高コントラスト IR ワイヤーグリッド偏光板は、ワイヤーグリッドテクノロジーを採用し、性能を損失することなく±20°までの入射角を可能にする。


Edmund Optics
Nd:YAG レーザー用OD6 マルチノッチフィルター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC® Nd:YAG レーザー用OD6 マルチノッチフィルターの発売を開始した。
この多目的フィルターは、複数のレーザーラインや複数のNd:YAG レーザー光源を利用する様々なアプリケーション用にデザインされており、高透過率と、狭帯域スペクトルを分離するために必要な高次元の透過遮断性能を有している。マルチノッチフィルターは、ハードコートプラズマ蒸着テクノロジーの採用により、高いパフォーマンスと優れた耐久性を実現する。透過帯において90%を超える透過率を実現し、特定のレーザー波長において、OD6 を超える高いブロッキング性能を提供する。325〜1200nm までの広い透過領域を有する。


Edmund Optics
ウルトラファスト薄膜偏光板

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、ウルトラファスト薄膜偏光板の発売を開始した。
この偏光板は、近赤外波長域において最善の性能を実現する薄膜コーティング技術を利用している。ウルトラファスト薄膜偏光板は、高レーザー耐力のため、チタンサファイアレーザー光源を始めとするハイパワーレーザーとの使用に最適である。本製品はまた、優れた消光比を備えており、様々なアプリケーションにおいて卓越した効率性を提供する。ウルトラファスト薄膜偏光板は、偏光板の両側に偏光用コーティングを施した透過型偏光板モデルと、入射面に偏光用コーティングと出射面に反射防止コーティングを施した反射型偏光板モデルをラインナップ。透過型及び反射型ウルトラファスト薄膜偏光板のどちらも、直径25.4mm で、波長域が750~850nm 或いは980~1090nm のタイプを提供。

Edmund Optics
高エネルギー用キューブ型偏光ビームスプリッター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、新しい高エネルギー用キューブ型偏光ビームスプリッターの発売を開始した。
この取り付け容易なUV グレード合成石英製キューブ型偏光ビームスプリッターは、ブリュースターウインドウの優れた置き換え候補となる。高エネルギー用キューブ型偏光ビームスプリッターは、1064nm、10ns、20Hz において15 J/cm2 のレーザー耐力 ( 代表値) を実現する。レーザー耐力を向上させるため、高エネルギー用キューブ型偏光ビームスプリッターは、接着接合の代わりにオプティカルコンタクト法で接合した、UV グレード合成石英製直角プリズムで構成されている。この製品は、一辺の寸法が12.7mm のキューブ寸法を有し、355nm、532nm、1064nm を含む共通のNd:YAG レーザー波長との使用向けにラインナップしている。

Edmund Optics
ZnSe 平凸レンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、ZnSe 平凸レンズの製品アイテム数を倍増させたことを発表した。
このレンズは、ハイパワーレーザーアプリケーション、サーマルイメージング、FLIR、医療システム等の最適な選択となる。ZnSe 平凸レンズは、様々な焦点距離を持つ、直径12.7mm、25.4mm、50.8mm のタイプが、それぞれコートなし或いは8~12μm のAR コーティングモデルでラインナップ。反射防止コーティングは、7.5~13.5μm の波長域で反射率が0.5%未満となるよう最適化されている。直径25.4mm のコートなしZnSe 平凸レンズ9 枚で構成したレンズキットもまたラインナップしている。 ZnSe 平凸レンズは、低い波長分散で600nm~16μm までの透過領域を提供する。8~12μm の反射防止コーティングを施したレンズは、サーマルイメージアプリケーションに最適である。セレン化亜鉛 (ZnSe) は化学気相堆積法により作られる物質で、ヌープ硬度が120 と柔らかいため、製品の保持や洗浄の際には取扱いに注意する必要がある。

Thorlabs
フル機能搭載の小型パワーメータ
PM160

販売:ソーラボジャパン株式会社
光学製品の総合メーカ、ソーラボグループ(本社:米国ニュージャージ州ニュートン)は、パワーセンサ内蔵のフル機能搭載ワイヤレスパワーメータPM160を発売いたしました。
PM160には、手元操作用の有機EL(OLED)スクリーンと、PCによる遠隔操作用のBluetoothワイヤレス通信機能とUSBポートが付いています。Bluetooth利用中でも20時間の連続使用が可能なバッテリを搭載し、USB経由で充電も可能です。400〜1100 nm範囲の光が検出可能で、Ø9.5 mmの極薄シリコンセンサによって10 nW〜2 mWの光パワーを測定できます。また、センサーアームに付属しているスライド式のNDフィルタを使用することによって、測定可能な最大パワーを200 mWまで引き上げることができます。各パワーメータは、個別較正済みで、較正証明書付きでお届けします。
Edmund Optics
TECHSPEC 低散乱非軸放物面ミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC 低散乱非軸放物面ミラーの発売を開始した。
この多目的ミラーは、可視スペクトルでの低散乱用にデザインされている。一点集光やコリメーションアプリケーション、ビーム拡大、またMTF テストベンチ等の光学試験システムでの使用に最適である。 TECHSPEC 低散乱非軸放物面ミラーは、入射コリメート光を90° に曲げ、一点に集光するよう精密にデザインされている。これにより、システムインテグレーションが容易になる。可視帯域において散乱を低減する特定プロセスを用いてデザインされたTECHSPEC 低散乱非軸放物面ミラーは、低散乱性を保証するために、He-Ne レーザーを用いた視覚的検査を受けている。このアルミ基板のミラーは、標準的な非軸放物面ミラーと比較し、面粗さや面精度が改善されている。25.4mm と50.8mm の直径、25.4mm、50.8mm、101.6mm の焦点距離の組み合わせで全5種類をラインナップする。

Edmund Optics
レーザーダイオードのコリメーション用ファースト軸コリメーター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、ファースト軸コリメーターの発売を開始した。
この多目的レンズは、ビーム整形やレーザーダイオードのコリメーション用にデザインされている。ファースト軸コリメーターは、ファースト軸のコリメーション用にデザインされたコンパクトで高性能な非球面シリンドリカルレンズである。非球面のシリンドリカル設計と高い開口数 (NA) の組み合わせにより、優れたビーム品質を 維持しながら、レーザーダイオード全体の出力の均一なコリメーションを可能にする。ファースト軸コリメーターは、790~990nm 用の標準AR コーティングを採用し、所定の波長域にわたり99% を超える透過率を実現する。ファースト軸コリメーターは、全長12mm で、焦点距離がそれぞれ0.29mm、0.365mm、0.59mm、0.91mm、 1.49mm の5 種類をラインナップする。

Edmund Optics
平凹アキシコンレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、平凹アキシコンレンズの発売を開始した。
この特殊な円錐状プリズムは、一方が凹面状の円錐面で、他方が平面状になっている。このレンズは、光軸に沿ってリング状のイメージを形成する必要のあるレーザー材料加工用に用いられ、回折のない近似ベッセルビームを作り出す。照射距離に応じて次第に明るさが劣化していくガウスビームとは対照的に、ベッセルビームは伝播してもその横分布を変わらずに維持する。平凹アキシコンレンズを平凸アキシコンレンズと併せて用いた時、2 つのアキシコン間の距離を調整することで、ベッセルビームの直径を調節することができる。そのため、外科手術の際の角膜物質の切除に最適である。平凹アキシコンレンズは、計測、アライメント、研究用に、またリング形状のレーザー出力が求められる医療やライフサイエンスアプリケーション用に優れている。平凹アキシコンレンズは、25.4mm 径を持つ12 種類の商品をラインナップ。90°、130°、140°、160°、170°、175° の頂角を用意し、各々にVIS 0° とNIR I のAR コーティングオプションを用意する。
NOVAE
2μm ウルトラファーストファイバーレーザ
Brevity2.0

販売:フォトテクニカ株式会社
フォトテクニカ株式会社(本社:埼玉県さいたま市南区南浦和1-2-17 / 代表取締役大山 健)は、この度、NOVAE 社製2μmウルトラファーストファイバーレーザ Brevity2.0の取り扱いをはじめた。
Brevity2.0は、波長2μm のフェムト秒・ピコ秒ファイバーレーザで、有機材料やポリマーのトリートメントや微細加工、非線形光学、分光分析や中赤外スーパーコンティニュアム光発生など、中赤外フェムト秒・ピコ秒ファイバーレーザは、産業応用から理科学研究用途の幅広い分野に、新たな可能性を広げます。アイセーフな波長により、装置化時の安全対策コストも安価に利用できる。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
ハイブリッド高出力ファイバーレーザー「Quasar」がさらにパワーアップ

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、業界最高レベルのUV光発振を誇るハイブリッドファイバーレーザー「Quasar」の出力を更新したと発表いたしました。
新たに発表したQuasar 355-45は、既存モデルの2分の1のパルス幅(<5nsec)にて2倍の繰返し(〜1MHz)での動作を可能とし、同モデル最高出力値を超える45W以上(225μJ)を超高繰返しにて出力するハイブリッドUVファイバーレーザーです。さらに、Quasarが業界初搭載したTimeShift™機能においても、可変パルス幅が5nsec以下から100nsec以上に、繰返しが最高1MHzまで可変可能となりました。この仕様値向上により、マイクロエレクトロニクスデバイス及びコンポーネンツ製造分野においてより高速で高品質な加工が可能になることが実証されています。また、75W以上(375μJ)のグリーン光を出力するQuasar 532-75も同時にリリースしました。

●主な特徴
・ 355nmにて45W以上(225μJ)および532nmにて75W以上(375μJ)の出力
・ 新技術TimeShift機能搭載
・ 0〜1MHzの高PRF、高速加工が可能
・ 堅牢でOEM装置搭載用途に最適
・ データログ機能によりレーザー運転状況を長期間記録、診断機能を充実

●アプリケーション
・ ガラス切断、穴あけ
・ PCB穴あけ、切断、ディパネリング
・ HDI (High Density Interconnects)
・ Si微細加工、Siウエハーダイシング
・ Low K 誘電体 グルービング
・ セラミックおよびLED加工
・ ITOパターニング など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
産業用高繰返しピコ秒レーザー「Spirit ps 1040-10」

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度産業用高精細加工向け高繰返しピコ秒レーザー『Spirit ps 1040-10』を発表いたしました。
Spirit ps 1040-10は、極めて優れたビーム品質(M2<1.2)、安定性(<1%rms、100時間以上)並びに、短パルス幅(13psec)により、産業用高精細微細加工に理想的なレーザーです。 また、繰返し周波数のシングルショットから1MHzまでのユーザー設定による可変機能、 内蔵パルスピッカーによるパルス選択や出力調整を迅速に行う機能など、柔軟性に優れた設計となっています。 10W以上の平均出力により、半導体関連各種微細加工、LED製造、フラットパネルディスプレイ加工、薄膜アブレーション、及びナノ・ストラクチャリングといった高精細ピコ秒微細加工などのアプリケーションに最適です。

●主な特徴
・ ピコ秒微細加工に最適なパルス幅13psec
・ 優れたビーム品質 (M2<1.2 )
・ 高安定性 (<1% rms、100時間以上)
・ 繰返し周波数可変(シングルショット〜1MHz)
・ 出力10W以上(1040nmにおいて)
・ パルス選択、出力調整に敏速かつ柔軟に対応するパルスピッカー内蔵
・ 24/7にも耐える堅牢な設計及び高信頼性

●アプリケーション
・ 各種ピコ秒高精細微細加工
・ 半導体/LED製造関連
・ フラットパネルディスプレイ製造
・ 薄膜アブレーション
・ ナノ・ストラクチャリング など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
近赤外から紫外を波長可変高繰返しフェムト秒OPA 『Spirit-OPA 』

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、16μmから210nmまで自動波長可変、高繰返しフェムト秒オプティカルパラメトリックアンプ(OPA) 『Spirit-OPA』を発表いたしました。
Spirit-OPAは、スペクトラ・フィジックスの高繰返しフェムト秒レーザーSpiritとの組み合わせで最適化するよう設計されたフェムト秒波長可変レーザーシステムです。 このシステムは、数十キロヘルツから1メガヘルツの任意の繰返し周波数にて実質的に近赤外(mid-IR)から紫外(DUV)までの広い波長範囲をギャップフリーでカバー、マイクロジュールレベルのパルスエネルギーを得ることができます。単一分子研究や、非線形光学、蛍光寿命計測等、時間分解分光用途における高速データ計測やシグナル対ノイズ比の良い計測を必要とする研究に威力を発揮、新たな超短パルス分光アプリケーションへの応用が期待されています。Spirit-OPAは産業応用にも対応している、高繰返しフェムト秒レーザーSpirit1040-4及び最近リリースした高出力バージョンSpirit 1040-8で励起することが可能です。

●主な特徴
・ 1MHzまでの高繰返し
・ コンピューターコントロール
・ 近赤外から紫外までの超広波長帯域をギャップフリーで実現
・ 高効率でSHGへのアクセス

●アプリケーション
・ フェムト秒時間分解分光
・ 単一分子研究
・ 非線形光学 など
Coherent, Inc.
8波長までのレーザのプラグ アンド プレイを簡単に実現するファイバー光学ビームコンバイナー

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年5月13日8波長までのレーザ(波長レンジ405 nm〜640 nm)の出力をシングルモードファイバーで結合し、プラグ アンド プレイの簡易操作を実現する新コンバイナーOBIS Galaxyをリリースした。
この堅牢で、コンパクトな偏波面保持シングルモードファイバーを採用したコンバイナーは、OEMバイオ及び研究の両用途において、多種波長の装置導入を大きく簡素化する。高精密なFCコネクタを採用することで、85%以上のレーザ出力をファイバー端で再現し、また フィールドでの波長の追加や、より高い出力モデルへの交換等、いわゆる"Hot Swap"を可能にする。さらにOBIS Galaxyの柔軟でオープンな構造設計により、Coherent社のOBIS FPをプラグ アンド プレイで使用するにとどまらず、オプションファイバーを使用することで他の波長の可視レーザと組み合わせることも可能である。加えて、OBIS Galaxyは、10〜50度で動作し、衝撃/振動テストも実施している。

●アプリケーション
・バイオ応用(フローサイトメトリー、コンフォーカル顕微鏡など)
Coherent, Inc.
CO2レーザDIAMOND Eシリーズに250Wモデル

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年5月13日150Wから1000Wまでの出力モデルを揃えるCO2レーザ DIAMOND Eシリーズに平均出力250WモデルE-250をラインアップした。
新モデルDIAMOND E-250は、平均出力 250W、ピーク出力750W以上を実現する完全シールド設計のCO2レーザ(パルス発振)である。RF電源をレーザヘッドに取り付けた一体型構造で、取り回しが困難なRFケーブルの配線の必要がない。また本モデルには、最先端のエレクトロニクスが採用されており、同出力レベルの他CO2レーザと比較し、小型で高い信頼性を実現する。波長10.6 μmのDIAMOND E-250は、高いスループットや加工品質及び性能、低ランニングコスト運用、小型サイズなどを求める幅広い材料の加工応用をターゲットにしている。例えば、紙、段ボール、アクリル、プラスチック、ガラス、セラミック、布、デニム、皮、ゴム、薄板金属、木、石などの幅広い材料のコンバーティング、切断、ドリリング、スクライビング、彫刻、マーキングなどがその応用である。

●アプリケーション
・コンバーティング
・切断
・ドリリング
・スクライビング
・彫刻
・マーキング
Coherent, Inc.
厚い材料の加工向け 高エネルギーピコ秒パルスレーザ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年5月13日産業用全固体ピコ秒レーザTaliskerシリーズに高エネルギーモデルTalisker HEをラインアップした。
Talisker HEには3種の単一波長モデルがあり、用途に応じ最適なモデルを選択できる。3種のモデルとは、IRモデル (波長:1064 nm、パルスエネルギー:>180 μJ)、Greenモデル(波長:532 nm、パルスエネルギー:>100 μJ)、UVモデル(波長:355 nm、パルスエネルギー:>30 μJ)である。本モデルは自動車、医療、電子部品などの製造や、モバイルディスプレイ、三次元半導体パッケージなどの製造工程で求められる高スループットかつ精密加工を実現する理想的な光源である。

●アプリケーション
・厚い材料に対するドリリング、切断、スクライビング
Coherent, Inc.
超短パルス <10フェムト秒を実現するハンズフリーレーザ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年5月13日ワンボックス型超短パルスレーザ発振器Vitaraシリーズにパルス幅10 fs以下をハンズフリーで実現する新モデルVitara UBBをラインアップした。
Vitara UBB(Ultra Broad Band)は、超広帯域発振(>200 nm)により、トランスフォームリミットの超短パルス幅を達成している。サブ10 fsの超短パルスレーザでありながら、調整が容易で安定性に優れた高信頼性レーザという、相反する二つの特長を併せ持つVitara UBBは最先端光技術の理想的な光源と言える。テラヘルツ波発生、光CT、ポンププローブ分光、多重化CARS分光、非線形顕微イメージング、短パルス再生増幅器用シード光源などの各種先端研究用途に最適である。

●アプリケーション
・テラヘルツ波発生
・光CT
・ポンププローブ分光
・多重化CARS分光
・非線形顕微イメージング
・短パルス再生増幅器用シード光源
Coherent, Inc.
全固体ワンボックス型フェムト秒再生増幅器の高出力モデル

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年5月13日全固体ワンボックス型フェムト秒再生増幅器Libraシリーズに高出力モデルLibra-HE+をラインアップした。
Libra-HE+は、繰返し1 kHz時、5 mJ以上のパルスエネルギーを実現し、モデルにより<40 fsもしくは<100 fsのパルス幅を選択できる。 加えて、ビーム質や出力安定性が優れているため、コヒレント製OPerA Soloのような波長可変OPA(光パラメトリック増幅器)の励起用として理想的である。また簡易操作性とコンパクトさを特長とする本モデルは、光化学や固体科学及びバイオ用途などの超短パルス研究に適している。特に、堅牢で簡易に操作ができるため、多数のユーザーをもつ研究施設に最適である。

●主な仕様
・中心波長(典型): 800 nm
・繰返周波数 : 1 kHz
・パルス幅(FWHM) :<100 fs (Fモデル)、<40 fs (USPモデル)
・パルスエネルギー :>5 mJ @ 1 kHz
・エネルギー安定性(8h) :<0.5 % rms
・空間モード: TEM00 (M2<1.3)

●アプリケーション
・微細加工
・フェムト秒分光学
・非線形光学
・OPAの励起光源
Edmund Optics
TECHSPEC 広帯域誘電体膜 1/10 λ平面ミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC 広帯域誘電体膜1/10 λ平面ミラーの発売を開始した。
この多目的誘電体膜ミラーは、フローサイトメトリーやDNAシークエンシング/ゲノミクス、検眼学、分光、光学測量、OCT/メディカルイメージングを始めとする、可視から近赤外スペクトルでのアプリケーション用にデザインされている。TECHSPEC 広帯域誘電体膜 1/10 λ平面ミラーは、広波長域にわたり99% を超える反射率を実現する。誘電体膜ミラーコーティングにより、入射角0~45° の全偏光状態に対し高反射率を実現する。標準的な金属膜ミラーに比べて高い反射率を有するこのミラーは、エネルギー損失の最小化を可能にすることでシステム性能を最適化する。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
理科学用途向けレーザー
高出力「Matisse」、短パルス「Solstice」

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、理科学研究用途向けレーザーのラインアップに、新たなスペックを追加した2製品を発表しました。これにより既に市場において認知された当社製品群の可能性をさらに広げることになります。
単一周波数波長可変リングチタンサファイアレーザーMatisseシリーズでは、6.5W以上の高出力で最狭線幅30kHzが可能になりました。また、フェムト秒One Box再生増幅システムSolsticeでは、kHzの繰返しにおいてパルス幅50fsec以下、ピークパワーはこれまでの2倍の70GW以上が実現できるようになりました。高出力Matisseは、昨年リリースされたMillennia eV 電源一体型高出力CWグリーンレーザーを励起源としており、回折限界に近いTEM00ビームで励起されることから最も安定性の高いリングチタンサファイアレーザーとして、レーザー分子・原子冷却、トラッピング及び高分解能分光研究、原子時計、微小共振器などの研究に最適です。
One Box再生増幅システムSolsticeは、新たに短パルス50fsec以下バージョンをラインアップしました。短パルス幅でかつ、長時間の安定性、低ノイズ、日々の再現性に優れています。10℃の温度変化においても長時間安定性が保たれ、信頼性の高いデータ集積が行えます。Spectra-Physics独自のXPキャビティー技術による高品質ビームにより、OPAシステム励起においてもM2<1.3の高いビーム品質を確保できます。

●主な特徴
■ Matisse 特徴
・ 最高出力6.5W以上
・ 最狭線幅30kHz以下
・ 色素仕様、Ti:S仕様製品のアップグレード可能
・ ロングピエゾの採用によりモードホップフリーで50GHz以上のスキャンニングが可能
・ 完全コンピューターコントロール

■ Solstice 特徴及び主な仕様
・ パルス幅50fsec及び100fsec以下で平均出力3.5W以上の高出力
・ ハンズフリー運転可能、頑丈なOne Boxコンパクトデザイン
・ デジタルタイミングコントロール採用により周囲温度環境に左右されず長時間安定性保持
・ コンピューターコントロール
・ 繰返し1kHz、5kHz、10kHzの3バージョン
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力ハイブリッドファイバーレーザー
Quasar

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、業界最高レベルの高出力UV及びグリーン光を高繰返しで発振するTimeShift™機能搭載のハイブリッドファイバーレーザー「Quasar®」を発表いたしました。
スペクトラ・フィジックスの先端的ファイバーレーザー技術、出力増幅技術および独自の波長変換技術を結集したQuasar®は、業界最高レベル40W以上のUV、及び70W以上のグリーン光を高繰返しにて発振します。また、業界初となる新技術TimeShift™機能を搭載することで、高スループット、高精度の加工を可能にしました。TimeShift™機能は、繰返しを固定でパルス幅を可変(10nsec以下から100nsec以上)、あるいはパルス幅を固定で繰返しを任意の値(最高500kHzまで)に可変し、微細加工工程の真の最適化を実現しました。更にこの機能はパルスシェーピング、パルス分割およびバーストモード運転を可能とし、より高速で高品質なスループットが得られます。

●主な仕様
・波長:355nm/532nm
出力 (200kHzにおいて):>41W、10nsec/>70W、10nsec
繰返し:1-500kHz
最適TimeShift™設定:300kHz、10nsec/200kHz、10nsec
パルス‐パルス安定性:<5%、rms 1 σ
出力安定性*:<2% rms1 σ 8時間以上
ピーク‐ピーク出力安定性*:±3% 8時間以上
偏光:100:1、垂直/100:1、水平
空間モード:TEM00 M2<1.3
ビーム拡がり角(全角):<0.2mrad/<0.3mrad
パルス幅、FWHM(TimeShiftプログラム可能):10-100nsec
ビーム径(1/e2):3.5±0.35mm

●アプリケーション
・ ガラス切断、穴あけ
・ PCB穴あけ、切断、ディパネリング
・ HDI (High Density Interconnects)
・ Si微細加工、Siウエハーダイシング
・ Low K 誘電体 グルービング
・ セラミックおよびLED加工
・ ITOパターニング など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
UV 1WコンパクトQスイッチレーザー
Explorer XP 355-1

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、同クラスのレーザーに比べ7分の1サイズの世界最小1W LD励起Qスイッチ固体レーザー Explorer XP 355-1を発表いたしました。
Spectra-Physicsが提唱するレーザーヘッドと電源を一体化したプラットフォーム、“It’s in the Box”コンセプトデザインを採用し、加工機や可動ステージへの搭載が容易なコンパクトで軽量かつ堅牢なUVレーザーです。Explorer XP 355-1は高品質加工に不可欠な短パルス幅、非常に優れたビーム品質とパルス‐パルス安定性を備え、積層造形、医療機器製造、マーキング、その他UV微細加工用途に適しています。

●主な仕様
・繰返し周波数:40-200kHz ・波長:355nm ・レーザー媒体:Nd:YVO4 ・平均出力*:>1W ・パルスエネルギー*:>20μJ ・パルス幅*:<8ns ・サイズ(L×W×H)、重量:240×95×94mm、<3kg
* 50kHzにおける仕様値

●アプリケーション
・ 光造形
・ ガラスおよびインナーガラスマーキング
・ ITO/TCOパターニング
・ 薄膜スクライビング
・ PCB穴あけおよびストラクチャリング など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力グリーンレーザー
Pulseo 532-44

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、高速マイクロエレクトロニクス製造用途に最適な高出力Qスイッチ固体グリーンレーザーPulseo 532-44を発表いたしました。
Pulseo 532-44は高い平均出力と、市場トップクラスのパルス安定性、ビーム品質、信頼性を備え、半導体やガラス、電子回路パッケージ、プリント配線基板、セラミック基板、その他マイクロエレクトロニクス製造における高速切断、穴あけ加工に最適です。Pulseo 532-44の特長は、波長532nm、平均44W以上をパルス幅30nsで出力し、加工過程での不要な熱影響を低減します。またパルス-パルス安定性は3%以下で高いプロセス再現性を実現します。実績あるPulseoプラットフォームに基づいて設計されており、24時間稼動の厳しい製造環境下においても安定した低コストでの動作を行うことが可能です。

●主な仕様
・波長:532nm
・ピークパワー:〜14.5kW
・平均出力:>44W @100kHz
・繰返し周波数:1Hz - 250kHz
・パルス幅:<30nsec@100kHz
・空間モード:TEM00, M2<1.3

●アプリケーション
・ ビアホールドリリング
・ マイクロSD、QFN、FBGA、DCA等電子回路パッケージのカッティング
・ PCBアブレーション/ ストラクチャリング/カッティング
・ セラミックスクライビング
・ シリコンウエハーマーキング/ダイシング/スクライビング など
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力、高繰返しフェムト秒レーザー
Spirit

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、従来製品よりさらに高出力を実現した8W高繰返しフェムト秒レーザー『Spirit』を発表いたしました。
High Q Laser* により開発されたSpiritのラインアップに、新たに平均出力8W以上の高出力モデルが追加されました。 400fsの短パルスは、より高速でフレキシブルな操作性や熱影響最少化の要求に応える産業用微細加工用途として理想的なフェムト秒レーザーです。 40μJ以上の高パルスエネルギー、及びコンピューター制御によるシングルショットから1MHzまでの広範囲での繰返し周波数可変が可能で、時間分解分光などの理科学研究分野はもとより、医療用材料やナノ構造材料などの超精密加工、高精細有機ELなどのフラットパネルディスプレイや半導体製造用途に適しています。

●主な仕様
・出力:>8W
・波長:1040nm±5nm
・繰返し周波数:シングルショット−1MHz
・パルス幅:<400fsec* 通常値
・安定性:<1% rms (100時間以上)
・空間モード:TEM00、M2<1.2

●アプリケーション
・ 各種フェムト秒微細加工
・ 医療用マイクロデバイス製造
・ フラットパネルディスプレイ製造
・ 半導体製造関連
・ フェムト秒時間分解分光
・ ポンププローブ実験 など
Coherent, Inc.
薄型レーザパワーセンサー
PowerMax USB Wand UV-VIS

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年2月6日レーザシステム内の深い部分や光学系の隙間など、限られたスペースでも測定が可能な、非常に薄型のレーザパワーセンサーPowerMax USB Wand UV-VISをリリースした。
PowerMax USB Wand UV-VISは、長さ153 mmの先端部に、直径10 mmのシリコンセンサーをマウントした"杖"のような形状の新型パワーセンサーである。その先端部はわずか5 mmの薄さを実現したため、狭いスペースにおいてもパワー測定が可能となった。この新モデルは、波長範囲325 nm〜900 nm内の平均出力100 μW〜300 mWまでの測定に適している。

●仕様
・波長範囲: 325 nm 〜900 nm
・出力レンジ: 100 μW〜300 mW
・形状:長さ153 mm、センサー直径10 mm、センサー部の薄さ5 mm
・校正確度:±2%
Coherent, Inc.
極狭線幅発振 全固体レーザ
Mephisto

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年2月6日極狭線幅(〜1 kHz over 100 ms)を実現する単一周波数発振の研究用レーザMephistoシリーズをリリースした。
この新シリーズは、原子トラッピング/冷却や光ヘテロダイン干渉をはじめ、インジェクションロッキング/シーディングなど極狭線幅を必要とする応用に理想的な光源である。またMephistoのkmレンジのコヒーレント長は、重力波や干渉を利用した計測の研究において解像度や精度を向上する。ダイオード励起狭線幅発振レーザのリーディングカンパニーであるInnolight社の買収により、Mephistoシリーズは、コヒレントの研究用レーザラインアップに加わった。

●アプリケーション
・原子トラッピング/原子冷却
・光ヘテロダイン干渉
・重力波研究
・LIDAR
Coherent, Inc.
高平均出力 (33W) 全固体パルス UVレーザ
AVIA 355-33

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年2月6日微細加工用パルスUVレーザAVIAシリーズに平均出力33Wの高出力モデルAVIA 355-33 (波長:355 nm、出力:33W @繰返周波数110 kHz)を新たにラインアップした。この高出力化により、製造効率の向上と部品あたりのコストの低減を可能にする。
AVIAシリーズは、マイクロエレクトロニクス製造の24時間/週7日稼働の用途で、長時間の動作実績を誇る高信頼性レーザである。このレーザの特長は、プロセス能力を向上し、長期にわたりランニングコストを低減するように設計されている点にある。その1例が、トータルパルスコントロール機能( ThermEQ, PulseEQ, PulseTrack )である。この機能を搭載することにより、パルスエネルギーを正確に制御でき、その結果、レーザ加工を最適化することが可能となる。

●仕様
・波長 : 355 nm
・平均出力 : 33W @ 110 kHz
・繰返周波数(設定) : シングルショット〜300 kHz
・パルス幅 : <40 ns (110 kHz以下にて)
・パルス間安定性(1σ) : <2.5 % rms @ 110 kHz
・ビーム径 (1/e2) : 3.5±10% mm

●アプリケーション
・PCBビアドリリング
・シリコンドリリング
・シリコンダイシング
・Low-kスクライビング
・DAFカッティング
Coherent, Inc.
高繰返しモデルピコ秒レーザ
Talisker 1000

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年2月6日 産業用全固体ピコ秒レーザ Taliskerシリーズに、高繰返しモデルTalisker 1000を新たにラインアップした。この高繰返しモデルは、半導体や太陽電池製造、医療部品、電子機器や自動車部品の製造などの分野で求められる高スループット、かつ精密な加工用途向けに設計されている。
Talisker 1000は、用途に応じた単一波長(UV: 355 nm/グリーン: 532 nm/IR: 1064 nm)モデルを選択でき、全ての波長モデルとも1000 kHzの高い繰返周波数を実現している。IRモデルはステンレスなど金属へのスクライビングやエングレービング加工に、グリーンモデルは希少性の高い特殊金属などにおいて高精密な加工を実現する。またUVモデルは、ガラスやその他の透明材料、脆性材料の加工に適している。

●仕様
・UVモデル: 波長 355 nm、平均出力 >10W @1 MHz
・グリーンモデル: 波長 532 nm、平均出力 >15W @ 1MHz
・IRモデル: 波長 1064 nm、平均出力 >25W @ 1MHz
・パルス幅: <15 ps
・空間モード: TEM00 (M2<1.3)

●アプリケーション
・金属、ポリマー、ガラス、半導体などの精密微細加工
Coherent, Inc.
サブナノ秒発振の全固体パルスレーザ
Helios

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2013年2月6日ダイシング、スクライビング、マーキングなどの応用で優れた加工を実現するサブナノ秒の全固体レーザHeliosシリーズ(波長:1064 nm、最大平均出力:5W、パルス発振)をリリースした。
パルス繰返周波数(50 kHz)とパルス幅(<600 ps)を特長とするHeliosは、高い平均出力と高いピークパワーのユニークな組み合わせにより、エレクトロニクスや太陽電池産業で求められる高スループットを可能にする。例えば、薄膜やc-Siソーラーセル(反射防止膜もしくはパッシベーション層など)のスクライビングをはじめ、シリコンウェハーダイシングや幅広い材料の精密マーキングなどでその威力を発揮する。特にHeliosは金属へのブラックマーキングやファイバーレーザでは加工周辺部に熱損傷が生じる繊細な材料へのマーキングに適している。Innolight社の買収により、Heliosシリーズはコヒレントが販売を拡大している短パルス全固体レーザラインアップに加わり、この製品群がさらに強化された。

●仕様 Helios 1064-5-50
・波長: 1064 nm
・平均出力 5 W
・パルスエネルギー: >100μJ@50kHz
・パルス幅: <0.69 ns
・空間モード: TEM00 M2<1.25
・ヘッドサイズ: 270 mm x 128 mm x 104 mm

●アプリケーション
・マイクロマシニング(彫刻等)
・エレクトロニクス向け微細加工(ダイシング、スクライビング、リペア応用等)
・薄膜スクライビング(太陽電池、タッチパネル等)
・金属ブラックマーキング、精密マーキング
Coherent, Inc.
OPSL波長594 nmモデル

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2013年2月4日小型全固体OPSL(光励起半導体レーザ)Sapphireシリーズに、波長594 nm発振モデルをラインアップした。このモデルは、特にバイオイメージング応用における蛍光色素の励起光源として理想的である。
従来、波長594 nmは、低パワーかつ効率の悪いヘリウムネオン(HeNe)レーザ、もしくは複雑な周波数混合を利用したダイオード励起全固体(DPSS)レーザでしか得られなかった。コヒレント社独自のOPSL技術を採用したSapphireシリーズは、従来のテクノロジーに比べ、格段に優れたパフォーマンス、高信頼性、高効率といった付加価値を提供する。さらにヘッドサイズ(125 mm x 70 mm x 34 mm)は、既存のSapphire LPやSapphire FPシリーズと同寸法であり、共通の機能(光学的、電気的、インターフェース)を持つことから、様々な波長モデルの追加や置換えが容易に行える。また他のモデル同様、多様なインターフェース(USB, RS-232, アナログ)も標準装備している。

●仕様
・波長: 594±2 nm
・出力(フリースペースモデル): 20 mW / 50 mW / 75 mW
・出力(ファイバー出力モデル): 40 mW
・光ノイズ: <0.25 % rms (20 Hz〜2 MHz)
・空間モード: TEM00 (M2<1.1)
・出力安定性: <2 % (2h, ±3℃)
・ヘッドサイズ: 125 mm x 70 mm x 34 mm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
Coherent, Inc.
産業用UVファイバーレーザ
Daytona

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は2013年2月6日短パルスレーザによる精密な加工と、Qスイッチ固体レーザによる高スループット化の両特長をあわせもつ、新たなUVファイバーレーザをリリースした。
新製品Daytona 355-20は、UV波長(355 nm)発振において、平均出力20Wを繰返周波数1 MHz、パルス幅1 nsで実現する。また精密微細加工に最適なTEM00(M2<1.3)のビーム質を実現している。さらにDaytonaは、各々のアプリケーションニーズにあわせ広範囲に調整が可能な、柔軟性に優れたプラットフォーム設計となっている。例えば、繰返周波数はシングルショット〜2 MHz、パルス幅は1 ns〜20 nsに調整することが可能である。

●仕様
・波長: 355 nm
・平均出力: 20W @ 1MHz @1 ns
・パルス幅: 1〜20 ns
・パルス繰返周波数: シングルショット〜2 MHz
・空間モード: TEM00 (M2<1.3)

●アプリケーション
・シリコンウエハ(Low-k)ダイシング、スクライビング、ドリリング
ガラスパネルのスクライビング
タッチパネルのパターニング
太陽電池薄膜のスクライビング 等
Coherent, Inc.
小型全固体 短パルスレーザ
Flare

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2013年2月6日ライフサイエンスや各種計測、検査応用において、従来のガスレーザや全固体レーザの置き換え光源として最適な小型短パルスレーザFlareシリーズをリリースした。
この新シリーズは、従来のレーザと比較し、優れた性能とコストパフォーマンスを実現する。Flareシリーズは、近赤外(1064 nm)、グリーン(532 nm)、UV(355 nm)の3波長モデルを取り揃えている。特にUVモデルは、レーザマイクロダイセクション(レーザ光を用いて組織切片から特定の細胞を切り出す応用)やこれまで窒素レーザが使用されてきたMALDI-TOF(マトリックス支援レーザ脱離イオン化 - 飛行時間型質量分析)などの応用に理想的である。Innolight社の買収により、Flareシリーズはコヒレントが販売を拡大している短パルス全固体レーザラインアップに加わり、この製品群がさらに強化された。

●仕様 Flare 1064
・波長: 1064 nm
・パルスエネルギー: >1mJ
・繰り返し周波数: 50Hz
・パルス幅: 2 ns±0.5ns
・空間モード: TEM00 M2<2
・ヘッドサイズ: 150 mm x 63 mm x 30 mm

●アプリケーション
・レーザマイクロダイセクション
・MALDI-TOF
Coherent, Inc.
Sapphireシリーズに、7波長のファイバーピッグテールモデル誕生

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、ファイバーピッグテール(FP)モデルのラインアップに新たな出力レンジの製品Sapphire FPを加えた。
Sapphire FPは、小型で可視光を連続発振するレーザであり、低ノイズと優れた安定性を実現する。この度、7波長(458 nm, 488 nm, 514 nm, 532 nm, 552 nm, 561 nm, 588 nm)モデルを製品化した(最大出力は120 mW)。出力端に標準FC/APC 8°コネクター付きの1 mの偏波面保持シングルモードファイバーを採用しており、バイオOEM装置への搭載やスタンドアロンでの簡易使用を可能にする。この新モデルが、ファイバー出力においても低ノイズと優れた出力安定性を達成できた背景には、次の要因が挙げられる。第1の理由は、すでに25,000台以上の納入実績を誇るSapphireシリーズのプラットフォームを採用していることである。このレーザは、円形の出力ビームで、業界で最も少ないビーム位置ドリフトを実現しているため、高効率のカップリングを可能にする。第2の理由は、時間の経過と共にドリフトを生じてしまう多軸調整機能付きのカップラ構造ではなく、独自の製造特許技術PermAlignを採用することにより、強固で調整を必要としないファイバーピッグテールとなっている。ファイバーカップリングモジュールは、PermAlign技術を用いて共振器のプレート上に一体化されることにより、外部筺体より独立し、使用環境に制限を受けることなく、優れた安定性を維持し続けることができる。その結果、Sapphire FPは、10〜40℃の環境温度において、優れた出力安定性と低ノイズを実現できる。加えて、特種なファイバー端の構造により、ファイバーの劣化やダメージを起こすことなく、短波長や高出力での動作に成功している。

●仕様
・波長(出力): 458 nm (40 mW) / 488 nm (40, 80, 120 mW) / 514 nm (40, 80, 120 mW) / 532 nm (40, 80, 120 mW) / 552 nm (40, 80, 120 mW) /561 nm (40, 80, 120 mW) / 588 nm (40 mW)
・光ノイズ:≦0.25 % rms (20 Hz〜2 MHz)
・出力安定性: <2% (2h, ±3℃)
・空間モード: TEM00, M2<1.1

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・計測
・検査
Edmund Optics
中波 & 長波赤外用ゼロオーダー波長板

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、中波 & 長波赤外用ゼロオーダー波長板の販売を開始した。
この汎用性に優れた波長板は、3-9μm 域での様々な赤外 (IR) アプリケーション用にデザインされている。マルチオーダータイプの波長板と比べた場合、中波 & 長波赤外用ゼロオーダー波長板は、使用できる波長のバンド幅を広げ、温度変化に対する感度を低くする。様々な赤外 (IR) アプリケーションに適した中波 & 長波赤外用ゼロオーダー波長板は、3-9μm の波長域において1/4 λと1/2 λの位相差のものをラインナップしている。幅広いスペクトル域にわたって非常に効率的な位相差を提供する。どの中波 & 長波赤外用ゼロオーダー波長板にも反射防止膜が施されている。またアライメントを容易にして、システムインテグレーションを簡略化するために、金枠で固定されている。
Edmund Optics
レーザー・スペックルリデューサー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、レーザー・スペックルリデューサーの販売を開始した。
高い汎用性を備えた本製品は、ビームホモジナイゼーションや3D スキャンニング、測量学、顕微鏡学、干渉学などの広範なアプリケーションに最適となる。エドモンド・オプティクスのレーザー・スペックルリデューサーは、局所的な干渉をなくし、レーザーシステムにおけるスペックルノイズを大幅に削減する。これは、レーザービームを力学的に拡散することによって行われる。拡散角度は1°、10°、20° があり、広範な使用に対して最大限の汎用性を備える。コンパクトサイズで、取り扱いやシステムへのインテグレーションも容易である。ドライブエレクトロニクスを実装し、振動レスのスペックル低減を実現する。レーザー・スペックルリデューサーは、4 枚の電気光学ポリマーを利用し、個々のディフューザー中心がX 軸とY 軸に沿って選択的に動く。全体としては円形を描く動きをする。これによって、レーザースペックルパターンが均一な光の分布となるように調節している。レーザースペックルの削減効果を最大限に活かすため、使用者はレーザー・スペックルリデューサーをレーザービームに対して垂直になるように設置し、またレーザー・スペックルリデューサーの有効径と同サイズのビーム径を有するコリメートレーザー光源を使用するのが望ましい。エドモンド・オプティクスのレーザー・スペックルリデューサーは、便利で使いやすいUSB による電源供給を採用している。有効径は5mm または10mm、拡散角度は1°、10°、20° のものをラインナップ。
Coherent, Inc.
一体型レーザ汎用加工システム
META

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、一体型レーザ汎用加工システムのシリーズに、高性能と簡易操作性を実現する新プラットフォームのモデルMETAをリリースした。
METAは一体構造の筐体であることが特長で、溶接を用いたこの強固な単一構造体によりシステムの安定性が向上した。その結果、切断スピードの高速化と位置決め再現性の向上を実現している。さらに、加工テーブルの寸法を従来モデルよりも拡大し、1.25 m x 1.25 mとした。また、新モデルでは制御操作部分も大きく改良した。特に、METAのユーザインターフェースを産業用コントローラーへと変更した。システム本体に取り付けられた制御操作盤は、人間工学的にデザインされたモニタとキーボードから成る。インタフェースケーブルはすべてシステム本体に収納し、堅牢さの向上と、過酷な産業用途の環境に、より適したものとなった。METAでは、ソフトウェアも改善した。特に、改良されたシステムオートメーションと共に、新しい多言語ソフトウェアインタフェースの使い勝手を向上した。加えて、本システムはオートフォーカス、電気容量ギャップセンサ、自動画像認識システムを搭載している。自社製1 kW CO2レーザ (DIAMOND E-1000)を搭載したMETAシステムは、幅広い金属及び非金属(プラスチック、木材、布、皮、紙、薄膜など)の加工において、この上ない柔軟性を発揮する。このシステムは3 mm厚までのステンレスや2 mm厚までのアルミニウム、また6 mm厚までの軟鉄を容易に切断する。

●アプリケーション
・精密シートメタル(板金)切断
・自動車部品切断
・樹脂シート/パーツ切断
・アクリルディスプレイ切断
・フレキシブル基板切断
・展示会用装飾、店頭看板、装飾デザイン(切断、彫刻、マーキング)
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
一体型コンパクトCWレーザー
Excelsior One

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、一体型コンパクトCW固体レーザー Excelsior Oneを発表いたしました。
Excelsior Oneは、Spectra-Physicsが提唱する新たなプラットフォーム、“It’s in the Box”コンセプトデザインを採用した、超コンパクトな紫外線(UV)から可視光、近赤外(NIR)までを発振するレーザーです。フリースペース出力とファイバーカップル出力の2種類があり、プラグ・アンド・プレイで375、405、445、473、488、532、542、561、642、785、1064nm の11種類の異なる波長を最大平均出力500mWまでラインアップ。装置組込み時には複数台異なるExcelsior One を一台の供給電源で動作させることができます。

●主な仕様
・出力: 10〜500mW (波長により異なる)
・波長: 375、405、445、473、488、532、542、561、642、785、1064nm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・共焦点顕微鏡法
・マイクロアレイ リーダー
・レーザー誘起蛍光(LIF)
・ラマン分光
・DNAシーケンサー
・インターフェロメトリー
・半導体検査、粒子計測など
Edmund Optics
スーパーポリッシュミラー基板

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、スーパーポリッシュミラー基板を発表した。
この精密ミラー基板は、コーティングを施すことで、要求の厳しい様々なレーザーアプリケーションにすぐに使用することができる。スーパーポリッシュミラー基板は、合成石英とゼロデュアの2種類の基板材料が選べる。1オングストロームまでの低表面粗さにより、極低表面散乱を実現し、ウルトラファストレーザーを用いたあらゆるアプリケーション要求に応える。基板面精度も1/10 λと優れる。基板の製造時、超研磨加工が表面側に、また商用研磨加工が同裏面側に施される。この精密基板は、コーティングを後加工することで、ウルトラファストレーザーや多様なレーザーアプリケーションにおける革新的ソリューションを提供する。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
電源一体型高出力CWグリーンレーザー
Millennia eV

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、電源一体型高出力CWグリーンレーザー Millennia eVを発表いたしました。
このMillennia eVは、新たなプラットフォームである “It’s In the Box”デザイン(レーザーヘッドと電源を一体化)を採用し、同クラス最高25Wを出力する高出力CWグリーンレーザーです。卓越したビーム品質、超低光ノイズを特徴とし、超短パルスモードロックチタンサファイアレーザー及びCWチタンサファイアレーザーの励起光源として、また産業用途では太陽電池セルのレーザードーピング、材料加工の光源として最適なレーザーです。 堅牢でコンパクトなMillennia eVは、高出力(25W)、超低光ノイズ(0.04% rms)、高いビーム品質(M2<1.1)、高い出力安定性(±1%)を提供します。

●主な仕様
・出力: 20W、25W
波長: 532nm
ビーム径: 2.3mm ±10%
ビーム拡がり角(全角): <0.5mrad
出力安定性: ±1%
ノイズ: <0.04%rms

●アプリケーション
・CW及びモードロックチタンサファイアレーザー励起
・固体及び色素レーザー励起
・分光計測
・ソーラーセルのレーザードーピング
・材料加工
Edmund Optics
固定焦点レンズ
TECHSPEC SWIR

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC SWIR 固定焦点レンズの発売を発表した。
この商用レンズは、短波赤外 (SWIR) 波長用にデザイン、コーティング、検査されている。一般に他社製のSWIR レンズが単にコーティングだけを行って、同波長に対応するだけなのに対し、エドモンド・オプティクスのSWIR レンズは、SWIR 波長に合わせて特別にデザイン、製造された光学素子を使用している。 TECHSPEC SWIR 固定焦点レンズは、波長が0.9μm~1.7μm の短波赤外 (SWIR) 用にデザインされ、焦点距離25mm に加え、現在は50mm のレンズもラインナップしている。50mm の製品は、選択肢の幅広いSWIR カメラに作動するよう、C マウント、F マウント、及びM42 マウントのオプションを用意している。また同カメラ使用時に透過率を最適化するために、800nm~1.8μm 用の広帯域AR (BBAR) コーティングが施されている。SWIR 固定焦点レンズは、低F ナンバーを有し、高スループットと優れたパフォーマンスを実現する。
山本光学株式会社
レーザシールドカーテン
YLC-2

販売:山本光学株式会社
レーザ保護具の専門メーカーである山本光学(本社:大阪府東大阪市 代表取締役社長:山本 直之)はレーザ安全環境対策品としてレーザシールドカーテン 「YLC-2」を企画・開発した。
本製品は、様々な産業分野で応用利用されているレーザの散乱光【適用波長:190−380nm、410−532nm)】を1/1000 減衰し、ユーザー側でレーザ管理区域の窓ガラスや、筐体の覗き窓等へ簡単に貼り付けることができる。販売サイズは、1×0.5m(最小販売単位)から最大1×10mと広範囲の遮光にも対応可能なサイズとなっている。その他、標準可視光線透過率を標準30%(カラー:クリアオレンジ)に設定、表面精度の向上により視認性を大幅に改善した。さらに、欧州規格(EN12254)に対応、帯電性、防炎性などの機能も付加されており、ユーザーニーズに対応した仕様となっている。
Spectra Physics
励起レーザー 一体型OPO
alphaScan

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、alphaScan™励起レーザー一体型OPOを発表いたしました。
alphaScanは、励起レーザーを同一筐体に内蔵したコンパクトなOPOです。光音響イメージング用として、近赤外領域において高出力で発振します。高速スキャンオプションは、レーザーパルス毎に波長を変えることを可能にし、スペクトル差測定においてイメージングや信号品質の向上に有効です。 完全コンピューターコントロールにより、生物イメージングや分光の応用が簡単な操作で行えます。この一体型OPOは、長年の実績と信頼性があるYAGレーザー Quanta-Ray® INDI及びScanシリーズOPOから構成されていて、非常に信頼性のあるシステムです。

●主な仕様
・線幅: BB 40 - 180cm-1 / BB-HE 45 - 200cm-1 / MB <25cm-1 ・波長(シグナル): BB 680 - 960nm / BB-HE 675 - 980nm / MB 660 - 1000nm
・波長(アイドラ): BB 1200 - 2200nm / BB-HE 1170 - 2440nm / MB 1140 - 2550nm
・エネルギー(シグナル)10Hz / 20Hz: BB 52mJ / 40mJ / BB-HE 58mJ / 44mJ / MB 45mJ / 34mJ

●アプリケーション
・時間分解分光
・非線形分光
・ポンプアンドプローブ
・物性特性分析
・光パラメトリックアンプ
・四光波混合分光
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高出力フェムト秒アンプシステム
Spitfire Ace™ PA

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、高出力フェムト秒アンプシステム 「Spitfire Ace™ PA」 を発表いたしました。
Spitfire Ace PA (Power Amplifier)は、他に例を見ない長時間安定性、低ノイズ、日々の安定動作の再現性、卓越したビーム安定性を追求したSpitfire Ace™をベースにパワーアンプを加えた高出力フェムト秒アンプシステムです。出力は5、10kHzにおいて12W以上、1kHz において10W以上であり従来品に比べ倍以上の平均出力を可能にしました。 特許であるXPキャビティーデザインの採用により高出力ながら卓越したモード品質(M2<1.45)を備えています。 革新的なXPertテクノロジーを継承し高出力でかつ究極の安定性、パフォーマンスを実現しており、OPA励起、多波長ポンププローブ分光、時間分解分光、非線形分光、高調波発生など要求度の高いさまざまな実験に理想的なフェムト秒アンプシステムです。

●主な仕様
・波長: 780-820nm
・パルス幅: <40fsec、<120fsec
・平均出力: >10W (1kHz)、>12W (5kHz、10kHz)
・繰返し周波数: 1kHz、5kHz、10kHz
・ビーム径: 12mm (典型値)
・ビーム位置安定性: <25μrad/℃

●アプリケーション
・時間分解分光
・非線形分光
・ポンプアンドプローブ
・物性特性分析
・光パラメトリックアンプ
・四光波混合分光
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
全自動フェムト秒赤外オプティカルパラメトリックオシレーター
Inspire IR

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、全自動フェムト秒赤外オプティカルパラメトリックオシレーター(OPO) Inspire IRを発表いたしました。
Inspire IRは、フェムト秒チタンサファイアレーザーを励起光源に用いた赤外広波長帯域フェムト秒チューナブルOPOです。広帯域赤外領域波長1000nmから1580nmをギャップフリーでカバーし、かつ高出力、短パルス(1300nmにて600mW以上、200fs以下)で発振する画期的なフェムト秒 OPOです。また、OPOからのシグナル光だけでなく励起光(690nm から1040nm)を出力する独立ポートも備えています。波長チューニングは光学系の変更や調整をすることなく全てコンピューターコントロールで行うハンズフリー設計となっています。

●主な仕様
・励起波長域: 720 - 810nm
励起波長:720nm / 810nm
シグナル光波長可変域: 1000 - 1350nm / 1040 - 1580nm
平均出力 @1200nm: >200mW / >700mW
平均出力 @1300nm: >200mW / >600mW
パルス幅 @1300nm: <200fs / <200fs
繰返し: 80MHz / 80MHz

●アプリケーション
・CARS
・多光子顕微鏡
・時間分解分光
・振動倍音分光
・半導体研究及び分光
・多波長ポンプ・プローブ実験
・光ファイバー及び光コミュニケーション
Coherent, Inc.
単一周波数発振 全固体CW可視レーザ
Genesis MX SLM

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年5月9日 長寿命連続発振可視レーザGenesis MXシリーズの縦単一周波数発振モデルGenesis MX SLMをリリースした。
イオンレーザの置換え光源として開発された本モデルは、全固体レーザ技術を採用し、460 nm, 480 nm, 488 nm, 514 nm, 532 nm, 561 nm, 577 nmなどの主要な波長において、500 mWから 1Wまでの出力を実現する。また100メートル以上のコヒーレンス長に相当する線幅<5 MHzの単一縦モードかつシングル横モード(TEM00)で発振し、用途に応じ、エンドユーザ用とOEM組込み用の両タイプを取り揃えている。

●アプリケーション
・高解像度ラマン分光
・干渉応用
・ホログラフィー
Coherent, Inc.
高性能レーザラインジェネレータ
StingRayシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年5月9日 多様な投光パターンと長寿命を特長とするダイオードレーザベースのラインジェネレータStingRayシリーズをリリースした。
この新しいラインジェネレータを用いて3次元三角測量を行うことで、より高速で正確なマシンビジョンシステムの構築が可能となる。StingRayシリーズは、高性能エレクトロニクスを内蔵したLDとコリメーションのための屈折光学部品、多種のファンアングルを網羅するラインジェネレータを融合させた製品である。また複雑な出力パターンを生み出すための回折素子をオプションで組み入れることができる。なお本シリーズは、450 nm、520 nm、635 nm、660 nmなどの主要な波長を含む、波長範囲450 nmから1550 nmにおいて、最大200 mWの出力モデルを供給可能である。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
単一周波数CW グリーンレーザー
Millennia Edge

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、単一周波数CW グリーンレーザー Millennia® Edge™を発表いたしました。
この532nm グリーンレーザー Millennia Edge は、同クラス最小レベルのサイズ、卓越したビーム品質、ビーム位置安定性で、超低光ノイズを特徴としています。キャリア・エンベロープ・フェーズ(CEP)安定化システムの励起と言った非常に要求度の高いアプリケーションにも十分対応できる、業界最高レベルの性能と、産業用途にも適合する信頼性を有しています。その他、ホログラフィ、干渉測定など単一周波数を必要とするすべてのアプリケーションに最適です。堅牢でコンパクトなMillennia Edge は、単一縦モードCW グリーンレーザーの出力5W を実現しています。超低光ノイズ(0.02%rms)、高いビーム品質(M2<1.1)、そして卓越したビーム位置安定性(>2μrad/℃)を提供します。

●主な仕様
・波長: 532nm
・出力: >5W
・ビーム径: 2.3mm ±10%
・ビーム拡がり角(全角): <0.5mrad
・ビーム位置安定性: <2μrad/℃
・ノイズ: <0.02%rms(10Hz - 1GHz)

●アプリケーション
・チタンサファイアレーザー励起
・色素レーザー励起
・キャリア・エンベロープ・フェーズ(CEP)安定化
・波長変換
・可視化
・分光計測
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
高繰返しフェムト秒再生増幅システム
Spirit

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、コンパクトで堅牢、ソフトウエア上で繰り返し周波数1MHz まで可変が可能な、高繰返しフェムト秒再生増幅システム『Spirit』を発表いたしました。
High Q Laser(2011 年Newport グループ傘下*)により開発された新製品Spiritは、医療応用向け材料やナノ構造材料などのフェムト秒マイクロマシニング、ポンププローブ実験などの時間分解分光などの理科学研究分野に必要とされる高繰返し超短パルスアンプシステムで、スペクトラ・フィジックスの超短パルスアンプシステムのラインアップをさらに強化しました。Spirit は、平均出力4W 以上の高出力、50kHz から1MHz までのワイドレンジでの繰返し周波数の自動可変が可能で、卓越した操作性と安定性を実現しています。 頑強なワンボックス設計で、パルスエネルギー20uJ/pulse、パルス幅400fsec を可能にしています。また、高信頼性Spirit は、回折限界TEM00 モードで優れたビーム品質を提供します。

●主な仕様
・波長: 1040nm±5nm
・出力: >4W
・パルス幅: 400fsec 通常値
・繰返し周波数:50kHz −1MHz
・安定性: <1% rms (24 時間以上)
・空間モード: TEM00、 M2<1.25

●アプリケーション
・フェムト秒時間分解分光
・ポンププローブ実験
・フェムト秒マイクロマシニング
Coherent, Inc.
エキシマレーザ
BraggStar M

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日ファイバーグレーティング生産向けに、高いパルスエネルギーと優れた空間コヒーレンスを実現するエキシマレーザBraggStar M (波長:248 nm、パルスエネルギー:140 mJ)をリリースした。
ファイバーグレーティング応用において、生産の選択性を高める、高いパルスエネルギーは重要条件であり、また優れた空間コヒーレンスは、高コントラストのファイバーグレーティングを形成する際、優位性がある。さらにBraggStar Mは、100 Hzまでの繰返しで動作するため、高スループットのファイバーグレーティング生産を可能にする。

●主な仕様
・波長: 248 nm
・パルスエネルギー: 140 mJ
・最大繰返し周波数: 100 Hz
・空間コヒーレンス(FWHM): 800 μm (ビーム短軸方向において)
・寸法: 1282 x 375 x 793 mm

●アプリケーション
・ファイバーグレーティング生産
・原子冷却
・トラッピング
Coherent, Inc.
全固体OPSLグリーンレーザ
Verdi G SLM

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日、全固体OPSLグリーンレーザVerdi Gシリーズに縦単一周波数発振モデルVerdi G SLM(波長:532 nm、出力:2W/5Wタイプ、連続発振)をラインアップした。この新モデルは、数10メーターのコヒーレンス長に相当する、線幅< 5 MHzで発振する。
OPSL固有の特長により、Verdi G SLMは、他の技術を採用した可視レーザよりも安定性と信頼性に優れている。そのため、長時間の連続使用においても、モードホップフリーで単一周波数発振が可能となった。

●主な仕様
・波長: 532±2 nm
・出力: 2W(G2モデル)、5W(G5モデル)、連続発振
・線幅: <5 MHz (50 msec)
・光ノイズ: <0.02 % rms (10 Hz〜100 MHz)
・空間モード: TEM00(M2<1.1)

●アプリケーション
・ホログラフィー、干渉応用
・原子冷却
・トラッピング
Coherent, Inc.
研究開発用レーザ
Verdi G

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日、独自の光励起半導体レーザ(OPSL)技術を採用した、研究開発用レーザVerdi Gシリーズ(波長:532 nm、連続発振)の高出力モデル3種を新たにリリースした。
新製品Verdi G12(出力:12W)、Verdi G15(出力:15W)、Verdi G18(出力:18W) は、従来のVerdiシリーズと比べレーザヘッドの大きさがわずか40%と小さく、214 mm x 98 mm x 68 mmとコンパクトな設計ながら、低ノイズ、低ランニングコスト、長寿命などの多くの特長をもち、特に、リニア垂直偏光((>100:1)、優れたモード質(M2<1.1)、<0.02 % rms (10 Hz〜100 MHz)の超低ノイズを実現している。さらには、期待寿命(MTTF) 50,000時間を超える励起ダイオードの高信頼性により、長期保証(2年ないし10,000時間)を実現した。

●主な仕様
・波長: 532±2 nm
・出力: 12W(Verdi G12)、15W(Verdi G15)、18W(Verdi G18)/CW発振
・光ノイズ: <0.02% rms (10 Hz〜100 MHz)

●アプリケーション
・レーザ励起用
Coherent, Inc.
ハンズフリー超短パルスフェムト秒オシレータ
Vitara-S

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日ハンズフリー超短パルスフェムト秒オシレータVitaraシリーズに新モデルVitara-Sをラインアップした。
新モデルVitara-Sは、主にチタンサファイア再生増幅器のシード光源として設計された、ワンボックスタイプのハンズフリーフェムト秒レーザである。また他のVitaraシリーズ同様、コヒレント独自の光励起半導体レーザ技術を用いた励起レーザを、コンパクトなヘッドに内蔵し、優れたビーム質と出力安定性を実現する、バンド幅(>70 nm)と中心波長(800 nm)が固定のモデルである。バンド幅と波長を調整できる他のVitaraシリーズと異なり、バンド幅と波長が固定の本モデルは、再生増幅器のシード光源としても、波長・出力固定を必要とするアプリケーション用にも、低価格で最もシンプルなハンズフリーフェムト秒レーザである。

●アプリケーション
・研究応用(チタンサファイア再生増幅器のシード用)
Coherent, Inc.
ウルトラファースト再生増幅器
Legend Duo HE+

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日ウルトラファースト再生増幅器Legendシリーズに電子冷却方式を用い、繰返周波数1 kHz時、12 mJのパルスエネルギーを発振する高安定・高出力の新モデルLegend Duo HE+をリリースした。
  Legend Duo HE+は、12 mJの高出力を実現する、従来方式のクライオジェニック冷却の複雑さを回避すると共に、コストを低減し、この高出力を実現する。加えて、本モデルは、ウルトラファーストレーザの中で最も低ノイズや高安定性が求められるCEP(Carrier-Envelope Phase)安定化応用向けに設計された部品やサブシステムを使用し、従来方式に比べ、飛躍的に安定性を向上させている。

●アプリケーション
・研究応用(ポンププローブ分光、高次高周波発生、THz発生、強光子場物理など)
Coherent, Inc.
モードロック全固体UVレーザ
Paladin Advanced 355-24000

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日モードロック全固体UVレーザPaladinシリーズに24W出力モデルPaladin Advanced 355-24000(波長:355 nm、出力: >24W @ 繰返周波数:80 MHz)を新たにラインアップした。
この新モデルは、プリント基板の直接描画やその他の先端マイクロエレクトロニクス応用において、高いスループットを実現するだけではなく、Paladinシリーズの特長である、優れたビーム特性や長時間の出力安定性及び、低ノイズなどの高性能を維持している。さらに、24Wモデルは、従来モデルよりもWあたりのコストを低減できるため、スループットの向上だけではなく、製造コストも削減する。

●主な仕様
・波長: 355 nm
・出力: >24W、疑似CW
・繰返周波数: 82±1 MHz
・空間モード: TEM00 (M2<1.2)
・ビーム位置安定性: <20 μrad/℃
・出力安定性: <±2 %
・ノイズ: <1% rms (10 Hz〜2 MHz)

●アプリケーション
・PCB直接描画
・フラットパネル・太陽電池の微細加工
Coherent, Inc.
産業用全固体ピコ秒レーザ
Talisker 500

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日 産業用全固体ピコ秒レーザTaliskerシリーズに、高出力モデルTalisker 500(出力:10W @ 355 nm、15W @ 532 nm、25W @ 1064 nmの3タイプ)を新たにラインナップした。
この次世代モデルは出力を向上すると同時に、繰返周波数を500 kHzに向上することで、従来モデルよりも高いスループットを実現する。短いパルス幅(約10 ps)と用途に応じた単一波長(UV/グリーン/IR)モデルを選択できる特長をもつTalisker 500はマイクロエレクトロニクスやその他の産業応用で求められる、熱影響を最小限に抑えた精密微細加工と高スループットを両立する理想的なレーザである。加えて、頑丈でコンパクトなヘッド(1020 mm x 390 mm x 170 mm)と電源により構成されており、既に発売されているTalisker Ultraとインターフェースが共通なため、簡単に置き換えて性能を向上することができる。

●主な仕様
・波長、平均出力
- UVモデル:  波長 355 nm、平均出力 >10W @ 500 kHz
- グリーンモデル: 波長 532 nm、平均出力 >15W @ 500 kHz
- IRモデル:  波長 1064 nm、平均出力 >25W @ 500 kHz
・パルス幅:<15 ps
・空間モード:TEM00 (M2<1.3)

●アプリケーション
・金属、ポリマー、ガラス、半導体などの精密微細加工
Coherent, Inc.
全固体連続発振 UVレーザ
Genesis CX 355 STM Compact

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日全固体連続発振 UVレーザGenesis CX 355 STMシリーズのコンパクトモデル Genesis CX 355 STM Compact (波長:355 nm、最大出力:100 mW、TEM00モード)をリリースした。
このコンパクトモデルは、従来モデル(最大出力250 mW)と比べ、レーザヘッドを約50%サイズダウンし、小型装置への組込み要求に応える。コヒレント独自の光励起半導体レーザ(OPSL)技術を採用したGenesisシリーズは、イオンレーザの置換え光源として開発された、業界初の完全連続発振でUV出力を実現する産業用全固体レーザである。これまで、この波長帯の高出力全固体UVレーザとしては、モードロックレーザの採用が検討されていたが、ピークパワーが高いため、ライブセルに致命的なダメージを与える危険性が懸念されていた。

●主な仕様
・波長: 355±2 nm
・出力: 40 mW / 60 mW / 80 mW / 100 mW、連続発振
・光ノイズ: <0.5 % rms (10 Hz〜1 MHz) * 80 mW / 100 mWモデル
・空間モード: TEM00
・ヘッドサイズ: 250 mm x 138 mm x 51 mm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
Coherent, Inc.
スマートミニレーザ
OBIS 514 LS、OBIS 552 LS

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日小型化と簡易操作性を同時に実現した「スマートミニレーザ」OBISシリーズに新波長モデルOBIS 514 LS(波長:514 nm、出力:20 mW、連続発振)とOBIS 552 LS(波長:552 nm、出力:20 mW、連続発振)をラインアップした。
これらの新モデルは主にライフサイエンス応用向けに製品化され、フローサイトメトリーやドラッグディスカバリー、コンフォーカル顕微鏡などの蛍光を励起して検査する用途に最適である。なお、この新モデルは、独自の光励起半導体レーザ(OPSL)技術を採用している。OBIS 514 LSは、長年イオンレーザが使用されてきた波長において、超小型サイズの置換え光源として理想的である。一方OBIS 552 LSの552 nmは、532 nmレーザと561 nmレーザの2つの波長を1つの波長でカバーできる新波長として注目されている。

●主な仕様
・波長: 514 nm (OBIS 514 LS) / 552 nm (OBIS 552 LS)
・出力: 20 mW、連続発振
・空間モード: TEM00
・光ノイズ: <0.25 % rms (20 Hz〜20 MHz)
・ヘッドサイズ: 70 mm x 40 mm x 38 mm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
Coherent, Inc.
スマートミニレーザ
OBIS FP

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日プラグ&プレイの簡易操作を実現する「スマートミニレーザ」OBISシリーズのファイバー出力モデルOBIS FP(波長:405 nm、488 nm、640 nmなど)をリリースした。
OBIS FPは、出力端に標準FC/APCコネクター付きの1 mの偏波面保持シングルモードファイバーを採用することで、バイオOEM装置への搭載を簡易化する。加えて、制御エレクトロニクスをすべてレーザヘッドに内蔵した小型設計で、低ノイズを実現する上、直接変調機能を標準装備している。さらにOBIS FPは、業界で最も低いビームドリフトにより、効率の良いカップリングを維持し、ファイバーオプティックの組立てにレーザ溶接を用いるなど、テレコム様式の構造を採用することで、低ノイズと卓越した出力安定性を実現した。これまで、ファイバー端面に生じる高出力密度によるダメージが、レーザとシングルモードファイバーのカップリングに起こる主な問題だった。OBIS FPは、この問題を解決することで、従来のファイバーよりも4倍長い寿命が得られ、 特に405 nmなどの短波長レーザでその効果を発揮する。

●主な仕様
・波長(出力): 405 nm(50 mW) / 445nm(45 mW) / 488 nm (30 mW)
637 nm(100 mW )/ 640 nm(75 mW) / 647 nm(100 mW) / 660 nm(75 mW)
・光ノイズ: <0.2 % rms (20 Hz〜20 MHz)
・出力安定性: <2% (8h, ±3℃)

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
Coherent, Inc.
小型全固体OPSレーザ
Sapphire 588 LP

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2012年1月25日小型全固体OPSL(光励起半導体レーザ)Sapphireシリーズに、オレンジの光を発振するモデルSapphire 588 LP (波長:588 nm、出力:20 mW/50 mW/75 mW/100 mW、連続発振)を新たにラインアップに加えた。
このモデルは、特にバイオイメージング応用において、励起する蛍光色素の数を増やすことができるため有効である。Sapphire 588 LPは、フローサイトメトリー、コンフォーカル顕微鏡、ドラッグディスカバリーなどのライフサイエンス応用に最適な光源である。特に588 nm出力は、mfruit色素(mCherry, mPlum)などの新しい色素だけではなく、Texas Redや Alexa Fluor 594のような幅広い赤の蛍光色素の励起に適応する。

●主な仕様
・波長: 588 ±2 nm
・出力: 20 mW / 50 mW / 75 mW / 100 mW
・光ノイズ: <0.25 % rms (20 Hz〜2 MHz)
・空間モード: TEM00 (M2<1.1)
・ビーム拡がり角: <1.3 mrad
・出力安定性: <2 % (2h, ±3℃)
・ヘッドサイズ: 125 mm x 70 mm x 34 mm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
Edmund Optics
合成石英製ウエッジプリズム

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC合成石英製ウエッジプリズムの販売を開始した。
この万能型プリズムは、一枚単独使用、或いは2 枚1 組で用いることで、ビーム偏向の広範なアプリケーションに対して理想的選択となる。1/10 λの面精度と20-10 の表面品質 ( キズ- ブツ) を持つ優れた光学面特性を有する。TECHSPEC 合成石英製ウエッジプリズムは、低熱膨張係数と、UV からNIR にかけて最適化した高透過率特性を提供する。一枚単独で使用した場合、TECHSPEC 合成石英製ウエッジプリズムは、特定角度でレーザービームを偏向することができる。また2 枚1 組で用いると、広範なビームステアリングアプリケーションに対して格好のプリズムとなる。TECHSPEC 合成石英製ウエッジプリズムは、2 枚1 組で用いることで、ビームシェイピングアプリケーション用のアナモルフィックペアを構成できる。ダイオードレーザーから出射された楕円ビーム形状を補正できる。また2 枚のウエッジプリズムを個々に独立して回すことで、ビームを円内のどこにでも向けることができる。これは、様々なイメージングアプリケーションの中で、ビームを異なる場所に走査するのに特に役立つ。
Edmund Optics
広帯域BBAR コート付き直角プリズム

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC 広帯域BBAR コート付き直角プリズムの販売を開始した。
この万能型プリズムは、低出力レーザー光源を用いた広範なアプリケーションに対して理想的選択となる。TECHSPEC 広帯域BBARコート付き直角プリズムは、角度公差をより厳しくして製造し、基板には精密なN-BK7 ガラスを使用している。BBAR (Broad-Band AR) コーティングは、反射防止コーティングが一切施されていないものや増反射用の金属膜を施した直角プリズムと比べた場合に、透過効率を改善することができる。複数のBBAR コーティングを用意し、多様なカスタマーソリューションを提供する。TECHSPEC 広帯域BBAR コート付き直角プリズムは、光路を曲げたり、光を90° に曲げたりするのに最もよく用いられる。またこれらのプリズムは、2 個1 組で用いることで、像やビームを変位するアプリケーションにも用いられる。広帯域コーティングの採用により、多数の低出力レーザー光源を利用したアプリケーションに用いることができる。
Coherent, Inc.
超短パルス フェムト秒レーザ
Vitara

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011年10月18日12fs 以下のバンド幅にて425 mW 以上の平均出力を発振する超短パルスTi:Sapphire レーザVitara(ヴィタラ)をリリースした。
Vitara はコンピュータ制御のため、完全ハンズフリーで755 nm〜860 nm の広帯域を自動波長チューニングでき、またバンド幅を30 nm〜125 nm までボタン1 つで自動調整できる。さらに、コヒレント独自の光励起半導体レーザ技術を採用した、小型励起レーザVerdi G(5W)を内蔵しているため、450 mW 以上のピーク波長出力を実現する。Vitara は、コヒレントの他のワンボックス型フェムト秒レーザ同様、幅広い研究応用に対応する、高性能なフェムト秒レーザである。最大バンド幅125 nm にて、外部コンプレッサー未使用時のパルス幅は20 fs 以下(典型値15 fs 以下)で、外部コンプレッサー(オプション)を使用した場合、12 fs 以下のパルス幅を実現する。加えて、豊富なオプションを利用することにより、Carrier-Envelope Phase (CEP)スタビライザーや繰返し周波数を外部クロックと同期させるなど、より高度なシステム環境を提供することが可能である。

●アプリケーション
・再生増幅器シード光源
・光 CT
・非線形光学
・THz 発生
Edmund Optics
ゲルマニウム平凸レンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC ゲルマニウム平凸レンズの販売を開始した。
この万能型レンズは、最新鋭のダイヤモンドターニング加工による光学面を有し、サーマルイメージングやIR 分光、リモートセンシングを含む、広範な赤外 (IR)アプリケーションに対して理想的選択となる。TECHSPEC® ゲルマニウム平凸レンズは、ゲルマニウムを加工して製造される。ゲルマニウムは、丈夫で耐久性が高く、広透過帯域と高屈折率特性を有する。ゲルマニウムは、2~16μm の波長域を透過し、可視スペクトルにおいては光学的に不透明なため、IR レーザーアプリケーションには最適な材料となる。空気や水、また硝酸を除く全ての酸性物に対して不活性で、比重は5.33 g/cm3、またヌープ硬度は780 で、フッ化マグネシウム (MgF2) の約2 倍高い値を有する。ゲルマニウムは、丈夫さや耐久性といったファクターが重要視されるIR 用オプティクスに最適な材料と言える。
Edmund Optics
ダイクロイックショートパスフィルター

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPECダイクロイックショートパスフィルターの販売を開始した。
この万能型フィルターは、カットオフ波長がシャープで、透過帯と反射帯の領域を広帯域化している。TECHSPECダイクロイックショートパスフィルターは、短波長側を透過し、長波長側を反射する機能を有する。45° の入射角でデザインされており、このフィルターで透過しない光は、光路を90° 曲げて反射する。そのため、蛍光イメージング用途での使用やスペクトル別のビーム分割用に最適な光学パーツとなる。ダイクロイックショートパスフィルターは、低偏光依存性で、広帯域に機能し、基板には合成石英ガラスを採用する。 TECHSPECダイクロイックショートパスフィルターは、広範なアプリケーションに容易にインテグレーションできるよう、4 種類の汎用サイズを標準ラインナップする。
Edmund Optics
ゴニオステージ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPECゴニオステージの販売を開始した。
ゴニオステージは、ステージの中央から法線上にある一点を中心として、弧を描くように移動し、精密な角度調整を可能にする。高精度デザインで、設置した光学パーツの真のα軸β軸移動を可能にする。ビームステアリングアプリケーションにおいては、レーザー光源を正確に向けたり、ミラーを精密にアライメントしたりするのに共通的に用いられる。EO の他のTECHSPECステージ製品とも接続的互換性があり、アダプターを使用することなく、多軸ステージへと発展できる。TECHSPECゴニオステージは、ステージ上のねじ穴パターン別にインチねじタイプとミリねじタイプが選べ、広範なアプリケーションに利用することができる。
Edmund Optics
アキシコンレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、アキシコンレンズの販売を開始した。
この独特な形状のレンズは、一方の面が円錐面で、他方が平面状を有する。本レンズは、回折のないリング状ビームを作るために用いられる。リングビームの直径は、照射距離が長くなると共に大きくなるが、リングの厚みは一定を保つ。ガウシアン分布を持つコリメートビームが入射すると、アキシコンレンズは近似ベッセルビームを形成する。レーザードリルやOCT ( 光干渉断層撮影) のアプリケーションにも最適となる。 Edmund Opticsの平凸型アキシコンレンズは、直径25.4mm の寸法に対し、90° から179° までの円錐頂角を標準ラインナップする。基板には合成石英を採用。反射防止膜は、コートなしのものに加えて、UV マルチコート、VIS 0° マルチコート、NIR I マルチコートを各々用意する。各波長帯での透過効率を最大化できる。
Edmund Optics
中赤外用アクロマティックレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC中赤外用アクロマティックレンズの販売を開始し た。
特定の赤外スペクトル帯全域にわたり、回折限界に近い集光性能を提供するためにデザインされている。3 〜 5μm のMWIR領域、或いは8 〜 12μm のLWIR 領域で色収差を補正し、30mm径の鏡筒サイズに、40mm、50mm、60mm、75mm の焦点距離を各々標準ラインナップする。 EO のTECHSPEC中赤外用アクロマティックレンズは、1 群2 枚構成のダブレットデザインを採用する。精密な光学グレードの赤外透過材料(赤外結晶)をエアスペースで構成し、黒アルマイト仕上げのアルミ鏡筒内に巧みに位置調整した状態で固定している。どのレンズも反射防止膜を施し、上述の各波長帯全域にわたりエネルギーのスループットを最大化する。レンズ設計データは、リクエストに応じて提供可能。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
超短パルスレーザー
InSight DeepSee

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1 / 代表取締役遠矢 明伸)は、この度、多光子励起によるバイオイメージングに革新的技術をもたらす超短パルスレーザー「InSight DeepSee」を発表いたしました。
InSight DeepSee は、独自の新技術により従来の超短パルスレーザーの波長チューニングレンジを約2 倍の領域まで拡大し、1.3μm の赤外波長までの連続波長可変を実現、より深いin-vivo深部組織イメージを得ることが可能となりました。1 つのレーザーで680nm から1300nm までのかつてない広帯域連続波長可変を可能にし、短パルス幅100fsec で高いピークパワーを実現、より深いイメージングを最大限に得られます。今や技術標準となった弊社開発のDeepSee 群速度分散補正制御機構(特許出願中)が組み込まれているため、顕微鏡を通過した短パルスがサンプル上の蛍光強度を最大限に引き出すことができます。二波長オプションは、光活性化(Uncaging)やCARS、マルチモーダルなどの最先端イメージング技術を可能にします。

●主な仕様
・波長: 680-1300 nm
・出力: 0.6W@700nm/1.0W@900nm/0.8W@1000nm/0.6W@1200nm/0.5W@1300nm
・パルス幅: <120fs
・繰返し周波数: 80MHz
・ビーム位置安定性: 350μrad 以下(全角)

●アプリケーション
・多光子顕微鏡
・CARS やSHG を含むマルチモーダルイメージング
・時間分解分光
・光CT
・物質表面SHG
・THz 発生用励起光源
・半導体材料分析
Coherent, Inc.
高出力8 kWダイレクトプロセス用LD
HighLight 8000D

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011年5月23日8 kW出力と「スマート」な出力ビーム形状を実現した、フリースペースタイプのダイオードレーザシステムHighLight 8000D(波長:975 nm、出力: 8 kW)をリリースした。
フリースペースのビーム照射はダイオードレーザ光源の輝度を維持したまま、大きなワーキング距離(275 mm)の光学系を採用している。この特長は工業プロセス用途でのレーザの可能性を大いに高め、特にクラッディング応用においては、非常に高い材料付着率(18 pounds/hourまで)を実現し、金属にレーザでペンキを塗布するような加工が可能となる。またHighLight Dシリーズの高い出力と長いラインビームにより、生産スピードはクラッディングと熱処理の両方で、これまで実現できなかった新しいベンチマークレベルに向上し、一回の照射で大面積の加工ができる。

●アプリケーション
・溶接、ブレージング
・クラッディング
・熱処理
・エポキシ硬化
・ペイント剥離
・半田付け
・プラスチック溶着
Coherent, Inc.
レーザアニーリング向け高出力エキシマレーザ
VYPER

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011年5月23日次世代フラットパネルディスプレイ用低温ポリシリコン(以下LTPS)の大量生産を可能にする、レーザアニーリング向け高出力エキシマレーザVYPERをリリースした。
LTPSは、高精細のスマートフォンやタブレットPCに使用されており、低消費電力で軽量な液晶ディスプレイ(LCD)や有機EL(OLED)ディスプレイを製造する上で重要なコンポーネントになっている。kWクラスのエキシマレーザであるVYPERとそれ専用に設計されたラインビーム光学系を組み合わせることで、現在の第4世代パネルから第6世代パネルへスムーズに移行でき、スループットを飛躍的に向上できる。また将来的には、VYPERの先端デザインとシステムの適応力により、第8世代までの基板サイズにも対応できるため、ディスプレイメーカーの厳しいコスト目標をサポートできる。

●主な仕様
・波長 : 308 nm
・最大繰返周波数 : 600 Hz
・安定化パルスエネルギー : 1800〜2000 mJ
・最大安定化出力 : 1200W
・エネルギー安定性 (Sigma) : ≦0.45%

●アプリケーション
・レーザアニーリング
Coherent, Inc.
波長変換OPOシステム
Chameleon Compact OPO-Vis

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011年5月23日倍波オプションを内蔵した波長変換OPOシステムChameleonTM Compact OPOの新モデルChameleon Compact OPO-Visをリリースした。
Chameleon Compact OPO-Visは、既存のCompact OPOに、オプションとなる第2高調波(SHG)アクセサリーを加え、完全一体化した新モデルである。これにより、Chameleon(チタンサファイアレーザ) とOPO(光パラメトリックオシレータ)において、各々の倍波を、自動で取り出すことが可能となった。特に、弊社で取り扱う、自動波長チューニング型のChameleon Ultraと組合せて使用した場合、マニュアルを見ずに、付属のタッチスクリーン操作で簡単に、今まで実現できなかった、広帯域340 nm〜1600 nmを自動チューニングできる。また、このOPOは、上記波長範囲の大部分において、数百mWの出力を実現するだけでなく、1750 nm〜4000 nmの中赤外領域まで、その出力を拡張することができる。

●アプリケーション
・マルチフォトンレーザ顕微鏡
・時間分解分光
・THz研究
・材料科学
Coherent, Inc.
新型レーザマシニングシステム
METABEAM 1000

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、1 kWの封じ切りCO2レーザ(コヒレント社製DIAMOND™E-1000)を搭載したMETABEAM™ 1000を2011年5月23日よりドイツ/ミュンヘンで開催されるLaser World of Photonics exhibitionにて展示する。
このCO2レーザをシステムに搭載したことで、従来の高速ガスフローCO2レーザを用いた既存のシステムと比較し、初期費用と運用コストを格段に引き下げることが可能となった。またMETABEAM 1000は、ステンレス、鉄、アルミ、真鍮など、シートメタル切断加工のコスト効率を向上し、ターンキー操作を実現する。さらにCO2レーザを搭載したMETABEAM 1000は、その赤外長波長の吸収特性により、木材、プラスチック等、有機材料の加工において、ファイバーレーザを搭載した切断システムに比べ、優位性がある。METABEAM 1000には1.2 m x 1.2 mもしくは1.2 m x 2.4 mのカッティングテーブルを対応させる予定であり、±25 μmの切断精度が加工域全面で得られる。また本システムは静電容量ギャップセンサを備え、ノズルと金属表面の間隔を一定に保っている。さらにオートフォーカス機能を標準装備し、安定した高品質の切断が実現できる。

●アプリケーション
・精密シートメタル(板金)切断
・自動車部品切断
・樹脂シート/パーツ切断
・アクリルディスプレイ切断
・フレキシブル基板切断
・展示会用装飾、店頭看板、装飾デザイン(切断、彫刻、マーキング)
Edmund Optics
アクロマティックシリンダーレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC アクロマティックシリンダーレンズの販売を開始した。
標準的なシリンドリカルレンズとデザインや機能的に同じながら、像面上の球面収差や色収差を低減する特別なメリットを提供する。像品質の大幅な改善に貢献する。TECHSPEC アクロマティックシリンダーレンズをレーザーダイオードのような単色光源に用いた時、標準的シリンドリカルレンズよりも50-90% 小さいスポットサイズを形成する ( レンズのNA 条件に依存)。また広帯域光源に用いると、色収差の発生を最小化し、色の滲みの少ない集光ラインを作り出す。また、明るいアナモルフィック画像も形成する。 TECHSPEC アクロマティックシリンダーレンズは、正の焦点距離を有し、光の一軸方向のみの拡大を要するアプリケーションに最適となる。球面レンズとは異なり、シリンドリカルレンズは光の一軸方向のみを集光する。レーザーダイオードとの併用によるライン光形成や、発散ビームをリニアセンサーアレイ上に集光する多様なアプリケーションに利用できる。
Edmund Optics
レーザーライン直角プリズム

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC レーザーライン直角プリズムの販売を開始した。
設計レーザー波長において0.25% 以下の表面反射率に抑える万能型の本オプティクス製品は、ビームステアリングやレーザーアライメントを含む産業用低出力レーザーアプリケーションに理想的なプリズムになる。厳しい角度公差で設計し、精密なN-BK7 の光学ガラスを用いて製造される本製品は、可視から近赤外波長に至る多様なアプリケーションでの使用を容易にする。TECHSPEC レーザーライン直角プリズムは、光路を曲げたり、或いは90°で曲げたりする目的に共通して用いられる。この時に得られる像は、左右反転する。またプリズムの設置方向によっては、像の上下が反転する。直角プリズムを2個1 組で用いることで、光路を平行にずらして出射させることもできる。
Coherent, Inc.
全固体連続発振グリーンレーザ
Genesis CX514

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年4 月20 日 数Wクラスの出力を発振する全固体連続発振グリーンレーザGenesis シリーズに、Genesis CX514-2000/4000 (波長:514 nm、出力:2W/4W)を追加ラインアップした。
Genesis CX 514-2000/4000 には、既に25,000 台の導入実績を誇る、独自の光励起半導体レーザ(OPSL)技術を採用している。そのため、低ノイズ(<0.1%)と優れた空間モード(TEM00)を実現するばかりでなく、CDRH 規格に対応したモデルも供給が可能なため、OEM 組込み用から研究開発に至る幅広い用途に理想的な光源である。

●主な仕様
・波長: 514 nm
・出力: 2W / 4W
・光ノイズ:<0.1 % rms (10 Hz〜10 MHz)
・ビーム位置安定性:<2 μrad/℃
・ヘッドサイズ: 281 x156 x 85 mm
・OEM 電源サイズ:299 x 208 x 97 mm

●アプリケーション
・バイオ応用
・レーザ励起
Coherent, Inc.
全固体連続発振OPSL(光励起半導体レーザ)
Sapphire SF

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年4 月20 日小型全固体連続発振OPSL(光励起半導体レーザ)Sapphirシリーズに、単一周波数(狭線幅)発振モデルSapphire SF を新たにラインアップした。
今回488 nm と532 nm の2 波長の単一周波数モデルSapphire SF をリリースした。いずれも単一縦モード発振で、1.5 MHz 以下の線幅を実現する。 488 nm と532 nm の両モデルは、波長と出力を除き、同寸法、同機能で設計されており、空間モードTEM00(M2<1.1)やビーム位置安定性(<5μrad/℃)など、ビーム特性に優れている上、高出力安定性(<2%)や低ノイズ(<0.25% rms (20 Hz to 2MHz)等の特長を持つ。

●主な仕様
・波長(出力) : 488 nm (出力:20 mW / 50 mW / 100 mW)
532 nm(出力:20 mW / 50 mW / 100 mW / 150 mW)
・線幅:<1.5 MHz
・光ノイズ:<0.25 % rms (20 Hz〜2 MHz)
・空間モード: TEM00 (M2<1.1)、単一縦モード
・ヘッドサイズ:125 mm x 70 mm x 34 mm

●アプリケーション
・ラマン分光
・ホログラフィー/ステレオグラフィー
・計測・検査
Edmund Optics
フォーカス・チューナブルレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、Optotune社 ( スイス) が開発した2 種類の液晶充填レンズ - 電子式フォーカス・チューナブルレンズと手動式フォーカス・チューナブルレンズの販売を開始した。
電子式フォーカス・チューナブルレンズは、対象物へのピント合わせとズーミングに対して一枚レンズソリューションを提供する。小型な平凸形状のレンズに電圧を加えることで、レンズの焦点距離が変わる。各レンズは、専売の光学液晶を用いて充填されており、印加電圧の大きさの違いが液晶の加圧特性を変える。これにより、レンズの曲率半径が変わることになる。曲率の電子的マニピュレーションは、レンズの焦点距離を+15~100mm の範囲内で変えることを可能にする。レンズ開口径は10mm で、様々なアプリケーションに用いることができ、光学系において複数枚の素子の置き換えを可能にする。ロバストなデザインの本レンズは、研究やOEM インテグレーション用に高屈折率モデルと低分散モデルの2 種類のオプションをラインナップする。可視域用の反射防止膜がついた カバーガラスを持つVIS モデルと、近赤外域用の反射防止膜がついた同ガラスを持つNIR モデルが選択可能。
Edmund Optics
TECHSPEC 合成石英製シリンドリカルレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC 合成石英製シリンドリカルレンズの販売を開始した。
UV 光のビーム整形に最適で、同波長の光にも卓越した透光性を有する。合成石英ガラスは、耐摩擦性に優れ、低熱膨張特性を有するため、過酷な使用条件下や温度変動の激しい環境で使用するアプリケーションにも理想的となる。正に万能型レンズと言える。シリンドリカルレンズは、光の一軸方向のみを集光する機能があり、リニアセンサーアレイとの組み合わせや、レーザー光源から出射したスポット光をライン光に変換する用途に最も汎用的に用いられる。TECHSPEC 合成石英製シリンドリカルレンズは、直径12.5mm と同25mm の2 種類のサイズを標準ラインナップする。12.5mm 径のレンズには、25mm、50mm、75mm、100mm の4 種類の焦点距離を、対する25mm 径のレンズにも50mm、75mm、100mm、150mm の4 種類の焦点距離をラインナップする。どのレンズも、反射防止膜は施していないが、コーティングには特注で対応する。TECHSPEC 合成石英製シリンドリカルレンズは、全品在庫販売体制により、お客様に短納期で供給する。
Coherent, Inc.
全固体 連続発振IR 10Wレーザー
MATRIX 1064-10-CW

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、全固体パルスレーザMATRIXシリーズに、連続発振モデルMATRIX 1064-10-CW(波長:1064 nm、出力:10W)をラインナップした。
この新モデルは、優れたビーム質TEM00 (M2<1.2)や高いビーム位置安定性 (8 μrad/℃)及び高出力安定性±2% ( >8h)を空冷動作で実現する。加えて、MTBF 40,000 時間以上を誇る自社製AAA(アルミニウムフリー)ダイオードを励起光源に採用し、独自のセミロボテック製造技術PermAlign™を用いることで、何万時間ものメンテナンスフリー操作を可能にした。

●主な仕様
・波長:1064 nm
・出力: 10W (CW 発振)
・空間モード: TEM00 (M2<1.2)
・出力安定性 ( >8h ):±2 %
・光ノイズ:<1% rms (10 Hz〜100 kHz)

●アプリケーション
・光ピンセット
・レーザートラッピング
・マーキング
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
超短パルス再生増幅システム
Spitfire Ace

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1/代表取締役遠矢 明伸)は、この度、究極の安定性を実現した超短パルス再生増幅システム 「Spitfire Ace」 を発表いたしました。
Spitfire Aceは、革新的なXPertテクノロジーにより、究極の長時間安定動作を追求し、低ノイズ、日々の安定動作再現性、最小ビーム安定性を実現した再生増幅システムです。1、5、10kHzにおいて5W以上の平均出力と、卓越したモード品質(M2<1.3)を備え、OPA励起、高調波発生などの波長変換応用や非線形分光用途などに最適です。

●主な仕様 Spitfire Ace
・波長:800nm
・出力:>5W
・パルス幅:35fs, 100fs, 2ps
・繰返し:1kHz, 5kHz, 10kHz
・空間モード:TEM00, M2<1.3

●アプリケーション
・時間分解分光 ・非線形分光 ・ポンプアンドプローブ ・物性特性分析
Edmund Optics
ホットミラー & コールドミラー

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPECホットミラーとTECHSPECコールドミラーの販売を開始した。
TECHSPECホットミラーは、近赤外波長 (710-1150nm) を95% 以上反射し、可視光 (400-690nm) を90% 以上透過する機能を持つ誘電体多層膜を蒸着する。Edmund OpticsのTECHSPECホットミラーは、プロジェクターシステムや照明システムでの使用に最適となる。
TECHSPECコールドミラーは、可視光 (400-690nm) を95% 以上反射し、近赤外波長 (700-1150nm) を90% 以上透過する機能を持つ誘電体多層膜を蒸着する。Edmund OpticsのTECHSPECコールドミラーは、熱の蓄積によって試料に損傷を与えたり、意図しない効果を引き起こしたりするのを避ける全てのアプリケーション用にデザインされている。
Edmund Optics
近紫外用アクロマティックレンズ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC 近紫外用アクロマティックレンズの販売を開始した。
345-700nm において卓越した透光性を提供する。345-550nm 領域を発する多色照明の集光スポットサイズを最小化する目的でデザインされた。TECHSPEC近紫外用アクロマティックレンズは、蛍光アプリケーションにおける使用に最適な選択肢となる。水銀アークランプやUV LED、YAG 三倍波レーザーに代表される一般的UV 光源の単純な集光用途に最適。シンプルな樹脂接着デザインを採用したダブレットデザインの本製品は、UV 領域で機能するエアスペース構成のダブレットレンズやトリプレットレンズに対する別の格好な選択肢となる。360-700nm において90% 以上の透過率を実現。また334nm では50% 以上の透過率を得ることができる。
Edmund Optics
傾斜ステージ

販売:エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
米国Edmund Optics の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社( 東京都文京区) は、TECHSPEC 傾斜ステージの販売を開始した。
光学素子やポストのあおり制御に最適な本高性能ステージは、黒アルマイト仕上げのアルミ構造で、30mm 角から125mm 角まで、全4 種類のステージサイズをラインナップする。どのサイズにもミリねじパターンとインチねじパターンの両方をラインナップする。TECHSPEC 傾斜ステージは、卓越した位置再現性を実現するため、精密マイクロメータードライブを採用する。同社の他のTECHSPEC ステージ製品やTECHSPEC メカニクス製品と機械接続的に互換性があり、柔軟性がとても高い。この互換性は、使用者が多軸ステージを構成することも可能にする。2 軸方向のあおり調整が行えるよう、ステージ一台につき2 機のマイクロメータードライブを装備。傾斜移動範囲は最大6°(±3°) まで。
Spectra Physics
(Newport Corporation.)
電源一体型LD 励起固体レーザー
Mosaic 532-11

販売:スペクトラ・フィジックス株式会社
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1/代表取締役 遠矢 明伸)は、この度、次世代産業向け電源一体型LD 励起固体レーザー 「Mosaic 532-11」を発表いたしました。
Mosaic532-11 は、従来のレーザーヘッドサイズに電源が一体化され、可動ステージへの搭載や装置組込みが容易なオールインワンレーザーです。15nsec 以下の短パルス幅、高ピークパワー、高繰り返しにより、熱影響を最小限に抑えたハイスループット微細加工を可能にしました。また、ニアー&ファーフィールドのビーム位置安定性及びパルス間安定性に優れ、高い生産性を維持することができます。

●主な仕様 Mosaic 532-11
・出力:>11W@50kHz
・波長:532nm
・ピークパワー:11kW@50kHz
・パルス幅:<15nsec
・繰返し(nominal):0〜300kHz
・空間モード:TEM00、M2<1.3

●アプリケーション
太陽電池スクライビング
PCB アブレーション/ PCB 描画
セラミック・スクライビング
シリコンウエハー・マーキング
C-Si ソーラーセルのエッジアイソレーション
Coherent, Inc.
CEP 安定化 ウルトラファースト再生増幅器 高出力モデル
Legend Elite Duo CEP

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年1 月26 日キャリア エンベロップ フェーズ(CEP)安定化 ウルトラファースト再生増幅器Legend Elite CEPの高出力モデルLegend Elite Duo CEP をリリースした(最大出力10W)。
Legend Elite Duo CEP の最大の特長は、チタンサファイア結晶の冷却に、複雑なクライオジェニック冷却を必要とせず、最大出力10W を実現することである。また、本製品は、10 kHz までの高繰り返しにも対応する。コヒレント社はCEP 安定化ウルトラファースト再生増幅器のフルシステムを供給できる唯一のメーカであり、システム全体をサポートしている。なお、CEP フェーズ安定性は、200 mrad(rms)以下である。CEP レーザシステムの最も重要な応用の1つは、アト秒物理である。従来比2〜3 倍の高出力、高繰り返しを実現する本製品を使用することで、データ取得時間が短縮でき、延いては実験時間を短縮することが可能である。

●アプリケーション
・アト秒物理
Coherent, Inc.
メータレス 新型エネルギーセンサー
EnergyMaxUSB/RS

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年1 月26 日、パワーセンサーで成功した「メータレス測定器」のコンセプトをエネルギーセンサーにも広げ、EnergyMaxシリーズのメータレス化モデルEnergyMax USB/RS をリリースした。
新EnergyMax シリーズは、最新の微細化技術により、メータに内蔵されていた測定回路を、USB2.0 やRS-232 コネクタに内蔵することで、メータレス化を実現した。この新モデルは、出力( nJ〜数J )、波長( Deep-UV〜IR )、繰り返し( シングルパルス〜10 kHz )といった広範囲のパルスエネルギーや平均出力を測定できる。また、複数のEnergyMax センサーをトリガ(外部トリガか内部トリガ)で同期をかけることができるので、パルスのレシオメトリック測定などが可能である。

●特徴
・専用のメータ不要
・USB 2.0 / RS-232 で直接PC に接続
・パワーレンジ: nJ〜数J
・波長範囲:Deep-UV〜IR
・PC 用アプリケーションソフト添付
Coherent, Inc.
チタンサファイアレーザ励起用 低価格/低ノイズグリーンレーザ
Verdi G10

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年1 月26 日フェムト秒/ピコ秒オシレータや再生増幅器の励起用グリーンレーザVerdi G シリーズに10W モデルVerdi G10(波長:532 nm、出力:10W、CW 発振)を追加ラインナップした。
独自の光励起半導体レーザ(OPSL)技術を採用したVerdi G シリーズは、マルチ縦モード発振DPSS(波長:532 nm)レーザでみられる”グリーンノイズ”や”熱レンズ効果”を抑制でき、結果として、<0.02 % rms (10 Hz〜100 MHz)の超低ノイズを実現している。また、熱レンズ効果の回避により、ビーム質やビーム位置安定性(<2 μrad/℃)にも影響を及ぼさず、最大出力の10%〜100%の範囲でスムーズに可変できる。

●主な仕様
・波長: 532 nm
・出力: 10W、CW 発振
・光ノイズ: <0.02% rms (10 Hz〜100 MHz)

●アプリケーション
・レーザ励起用
Coherent, Inc.
波長552 nm 全固体OPSL
Sapphire 552LP

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年1 月26 日全固体OPSL(光励起半導体レーザ)Sapphireシリーズに、特にバイオ応用でニーズの高い波長552 nm モデル(出力: 50, 75, 100, 150, 200 mW、CW 発振)を新たにラインナップに加えた。
他のSapphire モデル同様、新モデルSapphire 552 LP も、優れたビーム質TEM00 (M2<1.1)、高い出力安定性<2%、低ノイズ<0.25 % rms (20 Hz〜2 MHz)を実現する。またヘッドが他波長モデルと同寸法のため、既存の装置への追加搭載や他波長モデルとの置き換えが容易である。加えて、多様なインターフェース(USB, RS-232, アナログ)を標準装備している。

●主な仕様
・波長: 552 nm
・出力: 50 mW / 75 mW / 100 mW / 150 mW / 200 mW (CW 発振)
・光ノイズ:<0.25 % rms (20 Hz〜2 MHz)
・空間モード: TEM00 (M2<1.1)
・ヘッドサイズ:125 mm x 70 mm x 34 mm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
・計測・検査
Coherent, Inc.
コントローラ内蔵 超小型ヘッド CW レーザ
OBISシリーズ

販売:コヒレント・ジャパン株式会社
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ 上場)は、2011 年1 月26 日コントローラをヘッドに内蔵し、さらなる超小型設計を実現したCW レーザOBIS™シリーズ(波長:375/ 405 / 445 / 488 / 640 / 660 / 785 nm、出力:〜100 mW)をリリースした。
新製品OBIS シリーズは、ダイレクトダイオード技術と光励起半導体レーザ(OPSL)技術をベースにし、最先端の超小型部品を採用した。従来のレーザは、ヘッド、コントローラ、ケーブルで構成されていたが、OBIS は制御機能を全てヘッドに内蔵し、超小型サイズを実現した。今回は、紫外〜近赤外までの7波長モデルを最大100 mW までの出力レベルでリリースしたが、OPSL 固有の特長である波長選択性により、マーケットニーズに応じ、新しい波長モデルの製品化も予定している。なお、リリースした7波長モデルは全てTEM00 モードの円形ビームを発振する。

●主な仕様
・波長: 375 nm / 405 nm / 445 nm / 488 nm / 640 nm / 660 nm / 785 nm
・出力: 〜100 mW (CW 発振)
・空間モード: TEM00
・サイズ: 70 x 40 x 38 mm

●アプリケーション
・フローサイトメトリー
・コンフォーカル顕微鏡
・ドラッグディスカバリー
・計測・検査
▲ ページTOPへ


詳細のお問い合わせはこちらまで→ info@laser-concierge.com






製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.