新製品情報

新製品情報

 2018年 

Edmund Optics
レーザーラインλ20合成石英製直角プリズム
レーザーラインλ20合成石英製直角プリズム
2018年 7月
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC Nd:YAG レーザーラインλ /20 合成石英製直角プリズムの発売を開始した。
このプリズムは幅広い用途に使用可能で精密な平面度にレーザーに対して高い損傷閾値をもつ反射防止膜を採用している。波面歪が最小限に抑えられさまざまなビームステアリング用途に最適である。λ/20 という高い平面度と20-10 の表面品質を実現。プリズムの直角構成面を透過する設計で、光ファイバーやNd:YAG のアプリケーション用に、反射率は0.25% 未満となっている。±15” の角度公差によって、大量実装時に一貫したアライメントを可能にする。サイズは、5 ~ 25mm をラインナップ。
Coherent, Inc.
19インチラックマウント型半導体レーザ  HighLight DL4000HPR
19インチラックマウント型半導体レーザ
2018年 6月
コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ)は、2018年6月1日、コンパクト設計で、高出力、ファイバーデリバリータイプの半導体レーザシステムの新製品HighLight DL4000HPRをリリースした。
本モデルは、クラッディングや熱加工、ブレージングなどの金属加工に最適で、比類なき利便性とコストパフォーマンスを提供する。HighLight DL4000HPRは、装置メーカー、エンドユーザのいずれにとっても、魅力的ないくつかの特長を備えている。電源システムおよび制御システムを内蔵のため、非常にコンパクトなフットプリントを実現し、19インチラックへの搭載が可能である。そのため自動車や半導体の製造現場など設置スペースが非常に重要な要件となる応用に最適なモデルとなっている。
Edmund Optics
DA 広帯域レーザービームエキスパンダー
DA 広帯域レーザービームエキスパンダー
2018年 6月
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC DA (Divergence Adjustable) 広帯域レーザービームエキスパンダーの発売を開始した。
本製品は、1900~2100nm の波長のレーザーを補完する1940nm の設計波長を備えており、その独自の吸収性能と、生体組織と最小限に局部加熱されたプラスチックの双方に対して非常に小さく精密なカットを施す能力により、医療手術やプラスチック加工を含む、高精密アプリケーションに最適である。2X と3X の拡大力を備えた、ハイパワー及びローパワーのタイプをラインナップ。ねじ込み式のビーム拡がり調整機能により、入射ビームの発散性を補償。本ビームエキスパンダーは、1940~2100nm において性能を発揮するようコーティングされている。
Edmund Optics
モノリシック構造反射型ビームエキスパンダー
モノリシック構造反射型ビームエキスパンダー
2018年 6月
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPECモノリシック構造 反射型ビームエキスパンダー (Mark I) の発売を開始した。
本製品は、広帯域或いは多波長ビーム拡大を必要とするアプリケーションに最適である。2X、3X、5X の倍率に、紫外、可視、及び赤外波長向けの反射強化アルミコート、保護膜なし金、保護膜付きアルミのコーティングオプションをラインナップする。、エキシマ、Nd:YAG などのUV レーザー; Nd:YAG、CO2、量子 カスケードなどの赤外レーザー; チタンサファイア、ファイバーレーザーなどのウルトラファストレーザー; チタンサファイア、色素、量子カスケードなどのチューナブルレーザー等、多種多様な光源と互換性があり、柔軟性を最大限に高めている。
Edmund Optics
DA YAG レーザー用ビームエキスパンダー
レーザー用ビームエキスパンダー
2018年 3月
米国Edmund Opticsィ (Barrington, NJ)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC DA YAG レーザー用ビームエキスパンダーの発売 を開始した。
本ビームエキスパンダーシリーズは、1064nm、532nm、355nm、266nm を含む一般的なNd:YAG レーザーの発振波長で最適化され、優れた透過波面性能が得られる。ガリレオ式精密光学デザインにより、卓越したλ /10 の透過波面精度を実現する。発散角の増減が調節でき、入射ビームの発散性を補償する。合成石英製レンズを採用し、優れた光学性能と温度性能を提供する。2X、3X、10X の倍率を備えた11種類をラインナップし、利便性と使いやすさを考慮してM30 x 1 のねじ込み式マウントを採用している。
Spectra Physics
LD励起Qスイッチ固体レーザー Talon 355-45
LD励起Qスイッチ固体レーザー
2018年 2月
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1/代表取締役 髙橋 伴明)は、この度、LD 励起Q スイッチ固体レーザーTalon シリーズに最高出力モデルの『Talon 355-45』を新しいラインアップとして発表いたしました。
このモデルは高繰返し、低ノイズを維持しながら、45W以上のUV 出力により、従来は難しかった厚い材料の高速な微細加工を可能にします。プリント基板、電子部品、半導体、フラットパネルディスプレイ、リチウムイオン電池、そしてLED のような電子機器、クリーン・エネルギー等の産業用途やその他要求の厳しいアプリケーションにも理想的です。ハイパフォーマンス、高信頼性、低コストのすべてを兼ね備えたTalon は24/7 の産業用製造機器としてのUV レーザーの業界標準といえます。
Spectra Physics
高エネルギー超短パルス赤外光源 Spirit NOPA-VISIR
高エネルギー超短パルス赤外光源
2018年 2月
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1/代表取締役 髙橋 伴明)は、この度、次世代バイオイメージングに最適な高エネルギー超短パルス赤外光源、Spirit NOPA の60W 励起モデルを発表いたしました。
『Spirit NOPA-VISIR』は昨年発表されたSpirit1030-70 で励起することにより、これまでの同等レーザーの2 倍のエネルギーを実現し、3 光子、生体深部組織のイメージング等、神経科学や広範囲にわたる理科学研究用途に最適なレーザーとなっております。この新たな超短パルスレーザーは、比類なき高安定性と最先端のパフォーマンスのコンビネーションにより、バイオイメージングや理科学研究分野における、レーザーソリューションを牽引する大きな可能性を広げると確信しています。
Spectra Physics
超短パルスオシレーター Element 2
超短パルスオシレーター
2018年 2月
スペクトラ・フィジックス株式会社(本社:東京都目黒区中目黒4-6-1/代表取締役 髙橋 伴明)は、この度、高いパフォーマンスを持つ超短パルスオシレーター『Element 2』を発表いたしました。
Element 2 シリーズはこれまでにない安定性とフィードフォワード・キャリアエンベロープ位相安定モジュール(CEP4)を備えた超短パルスレーザーとなっており、アト秒科学等の最先端理科学研究に最適なレーザーとなっております。この新たな超短パルスレーザーは、比類なき高安定性と最先端のパフォーマンスのコンビネーションにより、バイオイメージングや理科学研究分野における、レーザーソリューションを牽引する大きな可能性を広げると確信しています。