レーザー溶接機 半導体レーザー(高出力LD)

レーザー溶接機 半導体レーザー(高出力LD)

メーカー|レーザーライン(ドイツ)
モデル名|LDF
販売店名|レーザーライン株式会社

レーザラインのLDFシリーズ製品は、高出力半導体レーザのベンチマークです。レーザ出力が20 kWを超える発振器もキャスター移動可能で、一人の作業者だけで他の場所に移動させ、製造ラインに組み込むことができます。これは他に類のないことです。移動先で使用するには、電流、水、光ファイバーがあれば十分です。信頼でき、アクティブ半導体素子冷却技術の徹底した開発により、LDFシリーズは高いビーム品質でマルチキロワットの出力が得られます。
 
モデル名 波長 出力 変調 パルスエネルギー カタログ
 
LDF 7000
LDF 9000
LDF 15000
LDF 20000
LDF 25000
900nm
or
1080nm
7.0kW
9.0kW
15kW
20kW
25kW
-- CW
LDF 4000 ビームコンバーター付き
LDF 6000 ビームコンバーター付き
1080nm 4.0kW
6.0kW
-- CW
特徴
 
  • モジュール式:内部または外部冷却システムを選択可能
  • 高い電気効率:最大50%
  • 実践で証明されたアクティブ半導体レーザ素子冷却技術
  • 30,000時間以上操作できるように設計された丈夫なシステム
  • 半導体レーザ素子は5年間保証、レーザ装置は2年間保証

アプリケーション例
 
金属溶接 材質|各種金属
内容|金属同士の溶接やろう付けが行えます
クラッディング 材質|各種金属
内容|金属材料の上に金属材料を肉盛りします
樹脂溶着 材質|各種樹脂
内容|各種樹脂の溶着加工が行えます
加工例
 
材質|金属(溶接)
内容|パイプの熱膨張を相殺、あるいはバキュームポンプと測定機器間の振動を軽減する必要がある場所では、金属製
   ブーツが使用されます。薄く柔軟なセルペアの溶接には、安定し亀裂のない溶接シームを生成する均等な熱影響が
   必要です。レーザーライン半導体レーザは、ここで優れた結果を生みだします。
材質|金属(溶接)
内容|レーザーライン半導体レーザは、非常に安定した溶融池を生成し、飛沫をほとんど出しません。
   これらは、埃や湿気の多い加工環境でも持ちこたえます。
材質|金属(3Dプリンティング)
内容|アディティブマニュファクチャリング はコンポーネントが層状の材料塗布によって構築される比較的新しい製造
   プロセスです。元々プロトタイピングのために開発されましたが今日では特に、幾何学的に複雑なコンポーネント
   を1~1000の小バッチで生産する際に使用されます。
販売店情報|レーザーライン株式会社
      〒1410031 東京都品川区西五反田7-25-5 オーク五反田ビル1F
      TEL 03-6417-4822 / FAX 6368-6185
      WEB www.laserline.jp
メーカ情報|Laserline GmbH
      Fraunhofer Straße, 56218 Mülheim-Kärlich, Germany
      WEB www.laserline.de