半導体レーザー(VIS:可視光 / CW / 波長: 400nm帯)

半導体レーザー(VIS:可視光 / CW / 波長: 400nm帯)

メーカー|レーザーライン(ドイツ)
モデル名|LDM blue
販売店名|レーザーライン株式会社

LDMblueは産業用アプリケーションで長年にわたり確立されている19インチのLDM製品ファミリーのラック設計に基づいています。モジュラーシステム設計により現場でのレーザーのメンテナンスとサービスが可能で、トレーニングを受ければスペアのモジュール交換が簡単に行えます。
制御のオプションには、150マイクロ秒(10%-90%)未満の立ち上がり時間でのダイオードレーザー出力パワーの高速変調も含まれます。
 
モデル名 波長 出力 変調 パルスエネルギー カタログ
 
LDM blue 400nm
to
500nm
300W
600W
1.0kW
-- CW
特徴
 
  • 19インチラックマウントで既存のシステムに簡単に統合
  • 波長450nmで最大出力1 kW
  • 反射率の高い金属における吸収の最適化
  • 業界で実証済みのシステムアーキテクチャ
  • 溶接の高安定プロセス
  • 異種金属の溶接
  • 必要に応じて即座に交換可能なモジュール

アプリケーション例
 
銅溶接 材質|銅板および銅より線
内容|銅同士の溶接が行えます
クラッディング 材質|各種金属
内容|金属材料の上に金属材料を肉盛りします
銅3Dモデリング 材質|銅粉末
内容|銅粉末を利用した3Dモデリング加工が行えます
加工例
 
材質|銅板
内容|ブルーの波長は銅の吸収がIRの波長に比べて高く、効率の良い加工が行えます。また光の吸収率が良いので出力の低いレーザーでも加工が行えます。出力を抑えられる分コストも抑えられます。
販売店情報|レーザーライン株式会社
      〒1410031 東京都品川区西五反田7-25-5 オーク五反田ビル1F
      TEL 03-6417-4822 / FAX 6368-6185
      WEB www.laserline.jp
メーカ情報|Laserline GmbH
      Fraunhofer Strase, 56218 Mulheim-Karlich, Germany
      WEB www.laserline.de